農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 17 | 18 | 19 || Next»

土田世紀が肝硬変のため逝去、43歳 (コミックナタリー)

"津軽の高校生が上京して演歌歌手を目指す「俺節」でブレイク。続いて1994年にはマンガ編集者に転身した元ボクサーの成長を描く「編集王」でヒットを飛ばした。"
土田世紀が肝硬変のため逝去、43歳 (コミックナタリー) - Yahoo!ニュース
 あの劇画調の漫画を、20年ほど前、20代の時に書いていたというのも驚き。 43歳という歳でなくなるのも驚きか。
 かなりの酒を飲んでいたという話なので、それが原因なのかなあ。





LED電子工作の素

 最近LEDライトの改造をやることが多くなって来たので、ちょっと基本的な本を買おうかなと。

 まあ、LEDを使う工作といえば、電光掲示とか、点滅とか。基板をきちんと作って工作するというそんな感じのもの。
 この本も確かにそれ。だけれど、懐中電灯を改造してLED電灯にするなどの方法も書かれている。省スペースな昇圧回路として、HT7750Aがあげられているなど、役に立つことも多いかな。
 まあ、参考程度に。


なぜ月曜日は、頭が働かないのか

 正月休みが明けて1ヶ月。だんだんとこう、仕事も忙しくなってきたけれど、休みが明けるとなんとなく仕事ができない。
 何なんだろうと思いつつ、それっぽい本を購入。


 自己啓発とか心理学系かと思ったら、そういう類の本ではなかった。科学的というか、脳のメカニズムと合わせての解説がある。

 人間の脳は、学習するというか、前の行動,ペースを覚える力があるということ。だから、休日のペースで頭が休んでいたときに、月曜日はすぐに仕事モードに切り替わらないということ。
 これを応用して、脳を活性化したり学習に役立てたりするということがかかれていて結構面白かった。

祝・へうげものアニメ化!

週刊モーニングを読んでいたら、「へうげもの」がアニメ化されるという話が。
しかし、NHKBSでやると言うのがすごい。大丈夫なんかな?いろいろと。

 へうげものは、古田織部の茶器の名物やらにかかる欲と、部将としての生き方にいろいろ揺れ動くさまを書いたマンガ。

 アニメ化するにあたっての問題は、エロというか下品な描写と、数人の実在の人物に似たキャラ、千利休の欲の描写(物語の本筋に関わる)が各方面から怒られないかだね。企画が通ってんだから平気だろうけど。

引き寄せの法則

 定期的にかどうかはわからないけど、とてもマイナスな思考に取り付かれることがある。
 それは漠然とした不安感に包まれた状態で、その不安と恐怖をマイナス方向に分析すると、妙に心が落ち着く。この不安感、恐怖、孤独感はもはや趣味の領域なんだろうか。

 そんな中でも、明るく前向きな思考をするよう心掛ければ、人生も好転していくらしい。マイナス思考でしか考えられないときは、成功する自分をイメージして、今苦しいのはその成功に向かう過程であるからで、何の問題も無いとイメージすると良いそうだ。

引き寄せの法則

引き寄せの法則

マイケル・J・ロオジエ
講談社 
単行本
定価:¥ 1,260
Amazon価格:在庫切れ
(価格は8月18日 19:36現在)


 これがこの本、「ザ・シークレット」引き寄せの法則の考え方。でもこの本、ちょっと宗教的なんだよな。

 人生の意味みたいなことを考えていると、最終的に宗教に行き着くもんなのかな。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 17 | 18 | 19 || Next»

↑ PAGE TOP