農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 || Next»

A2サイズの図面の整理

 家の書類棚の整理をしていたら、A4サイズに折りたたまれた紙を結構な量発見した。
 広げてみると、敷地の測量図だった。4つに折りたたまれているので、サイズはA2の大きさ。今となっては見ない青焼き。
 めったに見ないけれど、必要となると大事な図面。コンビニなんかでスキャンするとしても、A2の大きさはなかなか難しい。

 このまま取っておくにしても、分類しないとよくわからない状態になる。
 休日を利用しつつ、整理することにする。

» 続きを読む



古銭の整理

 古い箪笥の引き出しの中に長年眠っていた古銭、先日コインカタログを購入してちょっと調査してみた。
引き出しの奥の古銭【農場主の日常】

 どうも、大多数は渡来銭と呼ばれる中国や韓国の古銭だったらしい。
 古いものは唐の時代の開元通宝、面白いのは元の時代のパスパ文字の書かれた大元通宝など。今から1400年も前のものというと驚きだけれど、価値的には数十円から数百円だそうだ。
 数が多いからというのもあるんだろう。
 それにしても、江戸時代に寛永通宝以外の古銭の流通が禁止されたとかいう話もあるのに、良く残っていたものだ。別にうちは古い血筋とかそういうわけではない。
 しかし、コレクションだとすると、ちょっと状態が悪すぎるんだけど。

» 続きを読む


引き出しの奥の古銭

 うちの古い箪笥の引き出しに、袋状の昔の財布のようなものがある。
 この中には、ひもで閉じられた古銭がしまってあった。私が小学生ぐらいのときに見つけて、自由研究で学校に持って行ったこともあった。

 そんなことを思い出しながら改めて開けてみると、まあ雑多なコインがある。
 当時はインターネットなんてなかったので、調べようと思ってもどうもわからない。一番多い寛永通宝と、少しある天保通宝、一分銀あたりはわかるのだけれど、それ以外の雑多な古銭は全くわからない。
 どうしたものか。
» 続きを読む

フローリングの傷の補修

 うちの台所は数十年前にフローリングにした。
 木の椅子を使っているからか、まあ数十年たつと床がこすれてしまった。
 一般的な小さな傷というレベルではなく、削れてへこんでいるレベル。

 うちの親はささくれが気になるということで、なんとガムテープで補修していた。
 ガムテープは強くていいのだけれど、布部分がこすれてくると、床にべたべたの接着剤が残る。一部硬化している部分は良いけれど、それ以外のべたべたが非常に気持ち悪い。
 そんな状態なので、傷隠しテープで補修してみることにする。
» 続きを読む

父親の書類の整理

 最近少し父親の様子が怪しくなってきた。
 ダイレクトメール類、書類の認識が難しくなってきているようだ。
 いろいろと父親の本棚にたまってきていたので、少し整理してやることにする。
» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 || Next»

↑ PAGE TOP