農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

AV化したファミコン

 先週末からの流れで、雑多なものが入っている押入れの奥から、ファミコン本体,カセット,ディスクシステムを発掘してきました。
 初代ファミコンは1983年から発売されたそうですが、任天堂ホームページにはすでに製品紹介はなし。ついでにディスクシステムの書き換えは2003年9月30日に終了しているそうな。いや、17年間と書いてあるから長く続いたもんだよね。

 うちのファミコン、結構前にゲームラボという雑誌か何かを参考にAV出力端子をつける改造をしていたのです。その改造後、接続したリード線が断線してしまってそのままにしていたので、修理することに。
 リード線を買ってきて修理するのはいいんだけど、基板から映像出力と音声出力を取り出す場所がわからなくなってしまった。困った。
 ためしに「ファミコン AV化」でWeb検索をかけると、結構やってる人が居たりして。でもなんだか、部品の点数が違う。

はんだ付け終了。
 まあでも、信号は一緒だろうと思って、映像信号と音声信号が出てきている部分にリード線をはんだ付け。そしてカートリッジを差して電源を入れてみると...うんともすんとも。
 何度か刺しなおしていると、「びー」という小さな音が聞こえるときもあったりして。うーん、壊してしまったかなあ。ちとさびしい。



関連記事[ファミコン

前後の記事 - [ゲーム関連]::タイトル一覧
前後の記事 - [ファミコン]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP