農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ファミコン版ドラクエ2クリア

 甥っ子が休みに入ったとかで泊まりに来た。
 私は出勤だったのだけれど、昼間から来てたとすると、ロンダルキア大地についてるはずだろう。そこで、デビルロードのメガンテやブリザードのザラキはもう見ただろうか。
 一応、ラスボスまではたどり着けるレベルだけど、ヒントなしでハーゴンの城の謎がわかるかだな。
 このまえやってみたけど、中ボスのアトラス、バズズ、ベリアルは何の演出も無く、普通の敵みたく遭遇するんだよな。アトラスで一人になって、ベリアルまではきつかった。

 帰ってみると、案の定ドラクエを進めていた。ロンダルキアの洞窟を抜けるところだったようだ。
 ロンダルキアの洞窟からロンダルキアの祠まで。逃げを駆使しているだけあって、まあ何とかなりそう。キラーマシーンで2回ほど逃げ遅れると結構瀕死になるけれど、運よくブリザードには遭遇せず祠に到着。
 そこで復活の呪文を聞いたら、次はハーゴンの城だわな。

 ハーゴンの城までがまた一苦労。ギガンテスの痛恨の一撃、ブリザードのザラキ、アークデーモンのイオナズン、そしてデビルロードのメガンテ。ドラクエ2の強烈な印象がここに終結されていると言って良い。
 途中で甥っ子は半諦めで、もうちょっとレベル上げをしようかと思ったようだ。祠からロンダルキアの洞窟に戻って、はぐれメタルを狩ってレベルあげ。

 そこから全員が2レベル上がったところで、再度ハーゴンの城にチャレンジ。到着はしたけれど、その謎が良くわからない。ちょっと手助けをして、アイテムを使って中に入ったけれど、悪魔神官のイオナズンとザラキ、ドラゴンブレスで全滅。ここまででも消耗していて、やっぱりそれじゃあ厳しいと。
 ちなみに装備は、破壊の剣。強いんだけど、4回に1回金縛りだ。

 まあね、泊まってる間にクリアして欲しいし、最後の裏技「はかぶさの剣」を教える。まあ、感動の強さだわな。
 はやぶさの剣を使って中ボスを説き伏せつつ、シドーまで。そこで全滅。そこそこ行ったとこでベホマで回復されると確かにきついね。でもそれは運だから、何回か再挑戦でクリア。ボスのHPが255しかないし、ベホマが良いタイミングでこなければ倒せるわな。

 そして感動のエンディング。
 「このあと、なんか隠しダンジョンとか無いの?」と甥っ子。たしかに、この時期のRPGにはそういうのはないんだよね。なんとか容量に入れたもんだし。
 あとは、次回来た時にでもドラクエ3をやらせるか。
 しかし、復活の呪文の写し間違いについては今回は対策していたようで、写真が撮れるDSを使って、復活の呪文を写してた。それはまちがいようがないな。


関連記事[ドラクエ

前後の記事 - [ゲーム関連]::タイトル一覧
前後の記事 - [ファミコン]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP