農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 || Next»

AV化したファミコン

 先週末からの流れで、雑多なものが入っている押入れの奥から、ファミコン本体,カセット,ディスクシステムを発掘してきました。
 初代ファミコンは1983年から発売されたそうですが、任天堂ホームページにはすでに製品紹介はなし。ついでにディスクシステムの書き換えは2003年9月30日に終了しているそうな。いや、17年間と書いてあるから長く続いたもんだよね。

 うちのファミコン、結構前にゲームラボという雑誌か何かを参考にAV出力端子をつける改造をしていたのです。その改造後、接続したリード線が断線してしまってそのままにしていたので、修理することに。
 リード線を買ってきて修理するのはいいんだけど、基板から映像出力と音声出力を取り出す場所がわからなくなってしまった。困った。
 ためしに「ファミコン AV化」でWeb検索をかけると、結構やってる人が居たりして。でもなんだか、部品の点数が違う。

はんだ付け終了。
 まあでも、信号は一緒だろうと思って、映像信号と音声信号が出てきている部分にリード線をはんだ付け。そしてカートリッジを差して電源を入れてみると...うんともすんとも。
 何度か刺しなおしていると、「びー」という小さな音が聞こえるときもあったりして。うーん、壊してしまったかなあ。ちとさびしい。




8bitゲームマシン 魑魅魍魎

 先週土曜日に手に入れた秋葉の戦利品の1つ、魑魅魍魎。実はこれ、基板と簡単な説明書しかない不思議な物体だったのです。
 説明書には「8bitゲームマシン」と書いてあることと「ACアダプタ,コントローラー,ケーブル別売り」との説明書き、ついでに「20代,30代の方は懐かしいゲーム機となるでしょう」とのこと。ふーむ、カートリッジを差すコネクタも付いていることだし、これはあれかなと。

ケーブルは付け替えた
 最初はこの基板だけ購入のつもりだったのだけど、コントローラ用コネクタも特殊だったのでそれを追加購入。本体999円,コントローラー154円なり。
 しかし説明書には、「中国の作業者が作っているので部品が足りないかもしれない」とか、「断線しやすいのでそれを修理できる人用」とか。いやー、なおすったって回路図欲しいよね。買ったお店の商品写真と比べてみると、どうも基板が違っている模様。販売し始めたころは基板にきちんと部品のシルク印刷が有ったのだろうけど、私が買ったやつにはそれが無い。うんむ。

アップ
 基板についてる部品を見てみると...いやー、すごいはんだ付けの仕方だよ。部品浮きまくり、裏のはんだだんごになりすぎ。どうもコンデンサを1つ付け忘れている場所も有るみたいだし。多分これじゃあ動かないだろうなあ。

 裏のはんだ付けをやり直して切れたケーブルをつないでから、カートリッジを差してテレビにつないで見ると...案の定うんともすんとも言わない。それじゃあしょうがない。
 ネットでこれを買って改造している人は、大概電源映像基板部分を作り直しているようなので、本気で動かそうと思うならその部分の回路図を手に入れて作ってしまった方がよさげ。でも、そこまでやる気もあれだ。

 いじっているうちに久々にオリジナルをやりたくなったので、週末にでもいじってみるかね。



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 9 | 10 | 11 || Next»

↑ PAGE TOP