農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

健康診断とバリウム

 4月に入ってのほほんと生活していたら、いきなり健康診断を受けることになりました。
 予定されていたらしいのだけど、知らされたのが数日前。またバリウムを飲むので、前日から空腹状態。かなりきつい。

 さてさて、検査は午前中からで滞りなく。胃のレントゲンは最後に。
 去年やってるから、かって知ったるという感じだったのだけど、今回は前の人が時間がかかっているらしく、待たされました。
 待っている間、作業をしている人をよく見てみると、モニターに透過された内臓が写ってました。体の向きを変えるごとに、胃の中のバリウムが移動して、胃の粘膜を写すんだね。おもしろ。
 前の人が長かったのは、途中でゲップをしてしまって、再度炭酸を飲まされたかららしい。

 さて、わたしの番。これがかなりきついんだな。ゲップを我慢しながら、息を吸ったりはいたり止めたり、斜めになる板の上でぐるぐる回るのはちょっとした運動。正直、気分が悪くなってしまった。

 帰りに下剤を渡されたのだけど、午後から打ち合わせがあったので打ち合わせの後に飲んだら、夜になってもでやしない。
 バリウムは早めに出ないと固まってしまって苦しい思いをするらしいのだけど、大丈夫かな。


関連記事[バリウム

前後の記事 - [健康]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP