農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

未使用PAQYカードのゆくえ

 わたくし、数年前はパチンコ・パチスロにはまってまして、雑誌を買いあさったり、暇があったらパチ屋に居たりという生活をしておりました。
 ちょうどそのころはパチンコ用プリペイドカード「PAQYカード」がデビューしたころだったりします。このカード、両替をしなくても台にカードを差し込んでボタンを押すと玉が借りられる上、使いきらなかったカードの残りは、加盟店なら全国どこでも使えるというのが売りでした。
 こういうのを導入するには金が動くわけで、導入を促進するために、当時規制され始めた激しい連荘をカード式の台にだけ許可したりなど、不透明な部分も多かったりしますが。

過去の遺物たち
 そんな中、プリペイドカードの宿命か、偽造カードの問題が出てくるわけで、全国どこででも使えたこのカードも、そのカードを発行したお店でしか使えないように代わってしまいました。
 そうなると今度は使い切れなかったカードが残る問題が出てくるわけで。私の場合、通ってたお店がつぶれたり、旅先で買ったカードが残ってたりしてました。 もう何年も前なので普通なら捨ててしまうとこですが、なんとなく持っていたのを思い出したのでカードの発行会社を検索してみました。


日本レジャーカードシステム(株)
 発行元のFAQをみてみると、何でもパチ屋でもらえる申請用紙と封筒に必要事項を記入してカードを送ると、郵便小為替や銀行振り込みで現金にしてもらえることが有るらしい。
 ここ数日忙しくてパチ屋がやっている時間に帰れなかったので、とりあえず便箋に必要事項を書いてこちらに送ってみました。

 数日後、手元に送ったカードの額の郵便小為替が。これはこれでうれしいのだけど、銀行振り込みにしてもらおうと口座番号を書いて送ったんだけどなあ。悪用されないかちと心配。
 あるいはページの情報が古かったかも知れないので、電話で問い合わせてから送った方が良いかもしれない。
 正直、郵便小為替は郵便局で換金しなければならないのでめんどくさいんだよね。いつ行こう。


関連記事[未使用

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP