農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ケーブルテレビのBSパススルー

 月末にケーブルテレビ(CATV)の工事により、地デジが見れることになるので、いろいろと関連情報を調査。

 うちのテレビは、地デジとBS,CSを見ることができるのだけれど、CSは有料として、BSは無料放送があるようだ。
 で、ケーブルテレビでは「周波数変換パススルー方式」でBSを配信しているということらしい。
 うん?パススルー方式ということはスクランブルがかかっていないということだし、STBなしで各部屋のテレビでBSを見られるようになるんじゃないの?という疑問が。
 そのまんまテレビのBS端子にさせば見れるんじゃないんかしらん。

 ケーブルテレビのWebページをよく見てみると、
周波数変換したパススルー方式のため、BSデジタルチューナーおよび、アップコンバーターが必要です。市販のBSデジタル放送対応チューナーまたは、BSデジタル放送対応チューナー内蔵テレビをご用意頂く必要がございます。

 なるほど。
 CATVの配信周波数は90MHz~770MHzらしい。この周波数帯では、BSの周波数はそのままでは配信できないので、配信周波数内に周波数変換をして配信する。
 テレビに内蔵のBSチューナーは、BSの周波数である12GHz(12000MHz)でチューニングするので、低い周波数のBSにはチューニングできないわけ。
 それで、90MHz~770MHzのどこかにある周波数帯でBSを各家庭に配信後、アップコンバーターでBSの周波数まで周波数をあげてやる必要があるらしい。

 それじゃあ、自前でBS用のアップコンバーターを準備すれば見れるのだろうけど、そこまでしてみたいわけでもないか。
 見れないのはちょっとだけ残念だが。


関連記事[CATV

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP