農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»

WiMAXと3Gのみの比較

 PCのFireFoxのブックマークをdignoのboatBrowserに読み込んだ。フォルダもきちんと再現された。いい感じ。
 でも、スマホ用や携帯用のサイトが準備されているなら、無理にPCサイトを表示する必要はないな。画面が大きいと言っても、手のひらサイズだし。
 あと、電車の中でヤバイサイトはやばいね。

 さて、今日は1日WiMAXとbattery+で過ごしたけれど、電車はきついかも。WiMAXと3Gの切り替えに時間がかかるので、圏外がちょこちょこ繰り返されるところが弱い感じ。
 
 WiMAXをOFFにして3Gのみの場合のほうが安定するし、電池持ちもいいようだ。au網使うから、遅いけどつながりやすいんかな。
 3Gのみの場合、007Zもwimaxもキツかったトンネルからの復帰がどうなるか見てみたけれど、予想通り復帰が速い。

 これだったら、3Gと併用してWifiつかえるところはWifiつかえば、WiMAXイラン気がする。
 電池持ちは311のこともあるしね。カバンに充電池入れてはあるけど。



Digno用縦置きクレードル

 WiMAXのルータって縦置きが多いよね。WiMAXの受信強度高めるなら、dignoも縦置きにしたほうが良いような気がする。
 でも、dignoには公式のクレードルはない。100円ショップでリモコン台でも買ってこようかな。

 dignoが縦置きできて、充電用のUSB接続端子に干渉しない高さで、できればクリアなものをと、ダイソーに行ったらちょうどよさそうなメガネ台があったので買ってきた。
メガネ台
 プラなので電波の邪魔もしないだろうし、そこには緩衝用のマットまで敷いてある。なかなかいい感じ。
 しかし、立てたり場所変えたりしたけど、22時くらいはWiMax じゃあ2Mそこそこしか出ないようだ。007Zの方がましだけど、そちらも安定はしない。規制もあるし。ADSL は解約できないか。
 ちなみに、007Zのサブ回線はDNSエラーが出ることがあるので、GoogleのDNSである8.8.8.8や8.8.4.4なんかをPCのDNSに設定してやったほうがいい。
 でも、速さが早くなるわけじゃないのがつらいところ。

 明日は電源制御アプリ入れて、Wimax 使った場合の電池持ちをチェックする。やっぱりWifi のみの運用でポケットルーター持ち歩くのは面倒なとこがある。
 あるいは、3G のみで遅さに耐えられるか。電車移動中はWimax も切れるので、3Gのみのほうがよっぽどいいかもしれないし。


Digno用のMicroSDHCとケーブルが届いた

 スマホ使ってると、空きメモリと電池が重要なのかなと薄々思い始める。
 仕組みというか、OSはLinuxのようなものだし、SDカードはこれまでの携帯電話とは違ってHDDの代わりみたいなものだ。
 とりあえず、今まで使っていた単3エネループ4本をUSB出力できる電池ボックスを外付け電池として使えるよう、USB端子からマイクロUSB端子に変換するケーブルを手に入れた。Xperia用の充電対応のもので大丈夫だった。

 SDカードは、どうせ交換する事も無いので、なるべく速くて大容量なものを購入。最大の32GBで、Class10のものを買った。

 楽天の上海問屋はTransendのが来ることが多いかなと思って届いたメモリを見てみたら、ちょっと聞いたことのないメーカだった。
Patriot Memory
 まあでも、それなりに使われているメーカのようなので、使って見ることにする。

 使い方はまず、今付いている2GBのMicroSDをアンマウント。その後電源を切ってMicroSDを交換。新しいMicroSDを入れて初期化。
 これが終わったら、古い2GBの内容を、USB接続したDigno経由で上書きしてやる。これでOK。

 MicroSDが新しくなったので、今現在本体メモリにインストールしてあるアプリをなるべくSDカードに移す。アプリの使用領域も、SDカードに指定。
 このSDカードのレビューを見た限りでは、Class10のスピードが出るもののようだけれど、Dignoからの読み書きがそこまで出るかはわからない。
 でも、本体メモリの領域はなるべく開けておいた方が安定するんだろうなあという考えから。

 そして1日。不安定になることもなく、問題なさそうだ。出来れば信頼出来るメーカ製のがいいんだろうけど。

続・dignoのWifi運用

 ちょこちょこアプリを試しているのだけれど、ツイッターはtwicca、ブラウザはBoatブラウザが合う感じ。boat のUIはsafari そっくりらしいけど、iPhoneのが使いやすいってことなのかね。

twicca - Google Play の Android アプリ
Boat Browser ブラウザ - Google Play の Android アプリ

 さて、昨日からDignoはモバイルデータ通信OFFでWifiのみで過ごしているのだけれど、この条件だとCメールの受信はできるが、送信はできないようだ。
 そして、夜中は無線ルータの電源も切ってしまうので、WiFiも完全OFFになってしまうのだけれど、それでも緊急地震速報アプリは動作した。良くできてるけど、かなりびびる。
 ソフトバンクも昔はステーションなんていうサービスやっていて、9.11の時は速報が出たのにやめてしまったね。900MHz取れればなにかやるかな。

 今日は昨日の続きで、007Zの動作時間を伸ばすためにスリープをONにしてみる。そもそも、DignoのWifiがスリープしているのに、007Z側をONにしておくのは電池の無駄だし。

 そうやって1日過ごしてみた。007Zのスリープ設定は10分なのだけれど、これはこれでバッテリーが持つ。だけど、使う時に毎回本体のスイッチをOnにしないとならん。微妙。
 古いポケットルーターを白ロム買えば、でかいバッテリーがあるし、自動復帰が頭いいそうなので、その辺の微妙さが解消されるそうだけど、回線切り替えられないし遅いそうだ。ジレンマ。
 めんどくささがどの程度なれるかにかかっているのかなあ。

ISW11K DignoとWiFi

 先週末にMNPして手に入れたAuのスマホ、Digno(ISW11K)、前評判どおりというか、スマホがそういう傾向にあるのか、電池の減りが激しい。
 電池の減り方はアプリで見ながらやっているのだけれど、かなり角度が激しい。
 Battery Mix (バッテリーミックス)
 何か設定しないとダメなんだろうな。

 そういうわけで、今日は3G通信をOFFにして完全にWiFiのみでの運用としてみる。
 設定は、「モバイル通信」をoff、WiFiのスリープを有効。これだと、画面を切ってスリープしている間は全くデータ通信をしないことになる。
 もちろん、電源を切るわけではないので電話は取れるけど。

 まず、WiFiにしたことで、家の無線ルータとの通信設定。すると、どうも家の無線ルータをdignoが見つけられないようだ。
 これ、どうも無線のチャンネルが13とかだとDignoから見えないらしい。そういう訳で、家の無線ルータのチャンネルを9に固定してみると、無事に設定できた。
 そして1日、Dignoとモバイルルータの007Zで過ごしてみる。
 007Zの設定は、スリープなし。

 電車での移動中、特にトンネルや地下から出たあとにうまく復帰しないことがある。こういう時は、007Zの本体スイッチを1回押してやるとつながる。
 007Zはスリープしていない状態でも、連続6時間でイーモバイル回線から切断されるようだ。なので、仕事の場合は昼にでも一旦ON-OFFしてやる必要がある。
 ちなみに、007Zの制御は007Z statusというアンドロイドアプリを使えば簡単との事だったが、最新の1.1.0では動作しなかった。
 作者のページに行くと、古いバージョンがダウンロード可能なので、1つ古いバージョンを試したら無事動作した。

 そんな感じで普通に仕事。昨日は家に帰る辺りで電池がかなり厳しくて省電力モードになりそうだったのだけれど、今日は大丈夫。
 3G OFF状態でも、E-Mailはサーバに届いたとの受信が届くようだ。それを受けて、確認すればいい。ただ、それがスパムでも着信音がなったりするのでイマイチではあるけど。
 ただ、007Zの電池が持たなかった。やっぱり15時間は厳しいか。
 家に帰ると、MNP前にポイントで注文していた007Z用の電池が届いていたし、予備電池も持ち歩くか。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»

↑ PAGE TOP