農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Next»

ソフトバンクの新プラン

 5日にソフトバンクモバイルの新プランが発表になりました。
 そのプランは「ホワイトプラン」。年末くらいから発表されると言われていたので、やっとかという気持ち。

 内容は、「基本料980円,1時~21時までのソフトバンク相手の通話料無料、それ以外の時間帯および他社へは21円/30秒」というシンプルなもの。孫社長の会見をWeb中継で見ていたのだけど、社長自ら「プラン説明の※(米マーク)には悩まされて、パン党になりました。今度はシンプルに行きます。」と言っていただけあるプラン。
 果たしてこのプランで、わたしの料金は安くなるのだろうか。

 某所で配布されているプラン診断EXCELで調べてみました。

 7年目、通話15分、パケット150,000、家族割り主回線のプランで、

ホワイト
基本料金 980円
パケし放題 4410円
通話料 441円(ソフトバンク30%)
S!ベーシック 315円
合計 6146円

オレンジ(X)エコノミー
基本料金 1,905円(52%引き 年割り+家族割り)
パケし放題 4410円
S!ベーシック 315円
合計 6630円(無料通話2000円、無限繰越)

ブルーSS
基本料金 1928円(47%引き 年割り+家族割り)
パケット定額 4095円
S!ベーシック 315円
合計 6338円(無料通話1000円、2ヶ月繰越)

 過去6ヶ月の明細を見てみると、通話が月15~20分あるので、それくらいの無料通話が付いてるプランはブルーSS。ただ、ブルーSSのパケ定は、2段階でなく固定なので、今後あまりパケットを使わないようならばオレンジとかホワイトの方が安くなる可能性はある。
 また、オレンジエコノミーの無料通話繰越、通常のパケット代が安いという利点はかなり良いので、ソフトバンク以外に通話することが多かったり、パケットもそれほど使わないなら、パケし放題つけずに、オレンジの無料通話分でまかなう手もある。

 とりあえず現状だと、ブルーSSがよさげなので早速157に電話してプラン変更をしました。適用は2月からとの話なので、今後どうなるか。

 しかし、親に持たせている副回線の方は、通話もパケットもほとんど使っていないようなので、それをホワイトに替える手もある。そうなるともう1000円くらい安くなるのだよね。
 まあそれは、請求書見てから考えよう。

ソフトバンクモバイル オンラインショップ
オンラインで携帯電話を24時間、送料無料でお申し込みできます。



ITmedia より、「携帯デバイスは多機能1台より複数を持ち歩く」

 W-ZEROの成功の影響からか、各社PDAのようなスマートフォンを出し始め、わたしも興味をそそられていますが、ITmediaに気になる記事が。
 「ITmedia D Survey:携帯デバイスは多機能1台より複数を持ち歩く――In-Stat調べ

調査によると、15%以上の人が携帯電話を2台携帯していた。またカメラ付き携帯所有者の80%が日常的にデジタルカメラを携帯、スマートフォン利用者の75%はPDAを持ち歩き、マルチメディア携帯利用者の50%がMP3プレーヤーを携帯していることがわかった。

 結局のところ、携帯電話についているカメラやその他の機能はおまけであり、それ専用の機器にはかなわないと言う評価か。

 携帯電話以外の機能が付いているスマートフォンを、それ以外の機能、(たとえば、ゲーム,MP3プレイヤー,Web端末として)でがりがり使っていると、たいていの場合電池がやばくなる。
 それだったら、その機能に特化した携帯機器を持った方が良いと言うことなのではないだろうか。
 最近出たソフトバンクのスマートフォンもちょっと良いかなと思ったのだけど、確かに電話機増やすよりPDAを持った方が良いかもしれない。


ソフトバンクの予想外割

 10/24に、ソフトバンクモバイルから、予想外割の会見があったそうだと友達から聞かされました。
予想外割 新登場|ソフトバンク 
 詳細は10/26以降、店頭かWebでと言う話なので、Webに発表されるのを待っていたのだけど、どうもいまいちそそられるプランではなさそう。
 ソフトバンク同士0円でも時間が決まっていたりするし、メール代0円とか0円を並べているのも、すべて小さい字で条件付だったり。通話0円ってことは、無料通話の付いてないプランなんだろうなと思っていたら、やっぱり付いてなさそう。

 でもさ、このプラン、今なら基本料70%OFFと言っても、期間が終わってから加入したら割引無しの基本料9600円ですか?そりゃいくらなんでもあれなんですが。
 やっぱりこのゴールドプラン、法人向けプランなのではないだろうか。

 ソフトバンクの新プランは、現在ゴールドプランだけではなく、ブループランとオレンジプランがあるらしく、それぞれDOCOMOとAUのプランと同等の物が準備されているらしい。その上、本家より210円安いことをうたっているね。
 某巨大掲示板では、オレンジプラン(X)エコノミーに、AUの自分割り相当をつけて基本料52%引きにするのが良いのではという話が旬。確かに、ボーダフォン時代に追加された「新ハッピーボーナス」という割引きサービスは、割引計算で使用される加入年月がリセットされたのだけど、オレンジプランにして自分割に変更する場合はボーダフォンを使っていた年数(もちろん、J-PHON時代や東京デジタルフォン時代からの分)もあわせて引き継げるから、長く使っていた人ほど割引の恩恵を受けられるわけだ。ふーむ。

 ただし落とし穴が少し。旧ボーダフォンにあった「デュアルパケット定額」は3900円、新プランの「パケットし放題」は4200円で値上げ。保守サービスの「ボーダフォンアフターサービス」300円も「スーパー安心パック」になって475円に値上げ。こちらは多少サービス内容が増えているので、単純に比較はできないけどね。また、明細を郵送してもらうのはこれまで無料だったけど、新プランでは105円かかるとか。

 それでも、旧ボーダフォンユーザで結構な年数使っている人は、今オレンジプランに替えてもかなりな割引になるのは間違いないけど、旧ボーダフォンユーザ向けの「レッドプラン」がでるといううわさもあるので、もう少し様子見しておいた方が良いかも知れない。
 正直、「新ハッピーボーナス」の計算を、加入日からでなくて契約年数で再計算してくれるように変更してくれるだけでありがたいんだけどな。まあ、他社からの年数引継ぎを含めたキャンペーンは1/15までなので、12月中旬くらいまでは様子見かな。

ソフトバンクモバイル オンラインショップ
オンラインで携帯電話を24時間、送料無料でお申し込みできます。

ケータイリサイクル

 古い携帯電話、結構たまるもの。メモリーにいろいろと入っていたと言う経緯から、なかなか捨てるのも、回収してもらうのもちと怖い。
 そんな時、ボーダフォンのページを見たら、リサイクル情報がありました。
ケータイリサイクル最前線|ボーダフォン

 何でも、リサイクルマークのあるボーダフォンショップに持ち込んで、店員さんに頼むと、目の前で携帯電話を破壊してくれるサービスがあるらしい。ふむ。
 それならばと、まず手持ちの携帯のメモリーが全部消去(といっても、番号抜いた時に消えてたのか、電池がなくなって長期間置いていた関係で消えたのか、残っていなかったけど。)されてることを確認して、ボーダフォンショップへ。

 ボーダフォンショップにはリサイクル用の回収BOXがあったのだけど、店員さんに申し出て、ぶっ壊してもらうことにしました。

 店員さんは奥から「ケータイパンチ」と呼ばれる器具を出してきて、「バキ」っと2箇所に穴を開けてくれる。昔のストレートタイプはかなり硬いようで、てこずっていたみたいだけど、最近の折りたたみは「プス」っと簡単に穴が開いてしまった。ふむ。

 これでわたしの携帯もどこかでリサイクルされることになるんだろうなあ。

携帯遍歴

 会社入って少しの間、携帯は持っていませんでした。だって、電話しないし。
 でもどうも複数の友達から、「おまえは捕まらないから、携帯ぐらい持て」と言われるようになって、ついに持つことに。
 そんな感じで今は手放せない状態になってますが、これまでの歴代の携帯たちをまとめておこうかなと。

JK-02
 記念すべき初代携帯、J-K02。当時発売されてからずいぶんたっていたようで、新規1円で購入。古い機種だけど、サイドにゴムのような滑り止めがついていたり、デザインがかっこよかったりと、考えたつくりになっていた携帯だと思います。

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Next»

↑ PAGE TOP