農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

KDDI、「auスマートパス」で「自転車保険」を無料提供

" KDDIが、スマートフォン向けサービス「auスマートパス」の会員に向けて、au損害保険自転車保険を5月1日から提供する。料金は無料。"

KDDI、「auスマートパス」サービスのラインアップを拡充――「自転車保険」を無料提供 - ITmedia D モバイル

 auのスマートパス契約の人に対して、自転車保険を適用するサービスをはじめるらしい。
 ちなみに、スマートパスは月額390円で、登録されているスマホ用アプリが取り放題なサービス。
 これに、自転車に乗っての事故または、自転車と接触した事故で3日以上入院した場合、一時金1万5000円が支払われるそうだ。
 微妙だけれど、面白いと思う。



郵便局のお取次ぎが届いた

 この前に購入したAUの携帯電話。購入前に、郵便局のお取次ぎの手続きをしておいた。
郵便局のお取次ぎ | au by KDDI
 手続きをしておくと、カタログギフトが届いて、はがきを送れば商品が届く。
郵便局のお取次ぎ

 今回頼んだのは、竹筒入の水ようかん。これからの季節、涼しげでいいかなと。
 2本しか入っていないので、おまけみたいなものだよね。

 休日に美味しく頂いて、竹筒は水鉄砲になりました。



ドコモの「Xi(クロッシィ)割」キャンペーン、FOMAユーザーにも適用に

 某所で話題になっているキャンペーン。
 DocomoのFOMAユーザに対し、Xiデータ専用端末の値段が大幅に下がるキャンペーンが追加されたようだ。
"キャンペーン対象となるのは、1契約目でXiを総合プランと「Xiパケ・ホーダイ フラット」「Xiパケ・ホーダイ ダブル」のいずれかを利用、またはFOMAを総合プランと「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」「パケ・ホーダイ ダブル」のいずれかを利用しているユーザー、2契約目でフラット型のXiデータ通信専用プラン「Xiデータプラン フラット にねん」「Xiデータプラン フラット」を契約したユーザー。なお、2契約目のXiタブレットはドコモしての機種「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」「ARROWS Tab LTE F-01D」「MEDIAS TAB N-06D」に限られる(2012年5月1日時点)。"
「プラスXi(クロッシィ)割」キャンペーンに:ドコモの「Xi(クロッシィ) 割」キャンペーン、FOMAユーザーにも適用に - ITmedia D モバイル
 Docomoは3月ぐらいに、MNPによる他社からの契約に対して、月々サポートを増額するキャンペーンをやっていたので、FOMA回線を0円にして使っている人もいる。
 もう1回線のデータ回線側もMNPしてくれば、月々サポートがつくので、0円のXiデータプランが手に入るとか。

 正直、私にはよくわからないのだけれど、今一番安くて速いデータ通信が必要ならば、Docomoにしろという話しらしい。うーむ。

 パケットのサービスはここんとこ数ヶ月単位で状況が変わってる。規制とか速さとかも考えなきゃダメだけど、2年とか3年縛りで同一のサービスを使い続けるのはかなり不利だと思う。

来月のパケット定額の見直し

 現在のパケット割引サービスは、フラット。今月は、基本wifiを使っているのでau のパケット合計0。来月からのサービスを見直すことにする。

 auのパケット割引は、ISフラット、ダブル定額、ダブル定額ライト、ダブル定額スーパーライトの4種類。
料金・割引一覧
 無料通話が不要な場合、基本料にダブル定額スーパーライト相当のパケット定額が付いているのがプランE、ISフラット相当が付いているのがプランF(IS)。
 これらから選ぶことになる。現在は、プランF(IS)。

 各ダブル定額は、最低額とパケット単価に違いがある。各割引サービスの最低額は、
 ダブル定額:40,000パケットまで2100円
 ダブル定額ライト:12,500パケットまで1,050円
 ダブル定額スーパーライト:3,720パケットまで390円

 スマホの場合の上限は、
 ダブル定額:114,000パケット以上5,985円
 ダブル定額ライト:71,250パケットまで5,985円
 ダブル定額スーパーライト:57,000パケットまで5,985円

 先月の実績から、私の場合の1日の平均使用パケットは40,000パケットだったので、ダブル定額ならば1日はau経由でも下限、スーパーライトだとだいたい1日で上限という感じ。

 2年間契約なので毎月割りがつくのだけれど、毎月割りはISフラット(とプランF(IS))、ダブル定額の契約が必要。それ以外のパケット割引の場合は消滅してしまう。
 DIGNOの場合、毎月割りは1050円なので、実質ダブル定額とダブル定額ライトは同じ値段になる。

 ちなみに、DIGNOの場合、au経由のパケット(3GがON)でないと使えない機能は、
  • Cメールの送信
  • EZwebメールの設定(迷惑メール設定など)
  • au IDの初期設定
  • GooglePlayでau ID連動設定でのアプリ購入
 なので、完全にwifiのみで過ごすのは不可能。
 これらの機能は、wifiをONにしたまま3GをONにして通信してやれば最低のパケットで済むけれど、どれだけパケットを消費するかは不明。

 そういうわけで、最安のでなく、ダブル定額を選択して様子を見ることにする。
 ダブル定額の場合、基本料最安のEプランは選択できないので、基本はプランSS。980円無料通話1000円。通話料は親の携帯と分けあいコースにする。

 親が思ったより通話をしたようなので、これでどうなるか。

3月のKDDIからの請求

 ソフトバンクからAUの携帯に変えて2ヶ月目の請求が確定した。
 家の電話料金がどれほど変わったか確認してみる。

 まずは、2月分の請求。
メタルプラス(ご家庭用)回線利用料1,200
メタルプラス電話利用料         300
<口座振替・クレジットカード割引額>-100
ユニバーサルサービス料           5
ADSLone30サービス月額利用料 2,200
モデムレンタル料              780
合計                    4,385+通話料
これに、消費税がかかる。

 次に、3月分の請求
メタルプラス(ご家庭用)回線利用料1,200
メタルプラス電話利用料         300
<口座振替・クレジットカード割引額>-100
<KDDIまとめて割引>         -100
ユニバーサルサービス料           5
ADSLone30サービス月額利用料 1,700
合計                    3,005+通話料

 通話料を除いて、1380円安くなった。
 通話料も、AU携帯電話向けとKDDIおうち電話向け(J:COMのケーブル電話やAU光電話相手)は無料なので、10%くらい安くなっている。
 ADSLの割引を受けるためには、500円のwifi-WINをつける必要があるが、それを考慮しても880円の割引。

 あとの問題はスマホの方。ソフトバンクの時はガラケーだったけれど、
ブルーSS        945円(無料通話1000円)
S!ベーシック      315円
ブルーパケット定額 4095円
ユニバーサル料金     5円
合計           5360円(消費税含む)
 3月のAU料金
F(IS)シンプル   6240円
ISNET         315円
WIFI-WIN      525円
ユニバーサル料金    5円
合計          7085円+通話料-月月割
 現状だと、基本だけで1725円増になる。KDDI料金全体で見れば500円くらいの増加ではあるけれど、やっぱりパケット定額の値段がでかい。
 やはり、007Zのパケットを利用して、パケット料金を抑えるのがいいんだろうな。
 4月の請求は今月と一緒ではあるけれど、来月の料金に期待したい。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

↑ PAGE TOP