農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

AUのWiMAXスマホレンタルとGoogle Appsで独自ドメインメール

 家のネット環境とスマホとでパケット通信を一本化するため、まずはGoogleアカウントをとってG-Mailに慣れておく必要があるかなと。
 じつは、持ってるWebサイトのドメインを統一しようかなと思って取ったまま、1つのサイトだけ立ち上げた独自ドメインがあるので、それをG-Mailに関連付けようと。
 関連付けるには、Google Appsというのを使うそうだ。
 このページを参考に設定。
Google Apps 独自ドメインで自分だけのメールアドレス
 Google Appsの無料版は、独自ドメインのアドレス登録は10個までだそうだ。普通なら足りそうだけど、不足するならサブドメインを使って他のサーバ使うことを考えよう。
 あとは、本当に移行するときになって皆様に知らせれば良い。スマホにすれば、メールも一元管理できるはず。

 次、AUショップに行って、+WiMAXとテザリングに対応した携帯をレンタルしてくる。
 貸してくれたのはこれ。
HTC EVO WiMAX ISW11HT
 どのように扱っても結構ですと、電池が3個とアダプターと説明書も貸してくれた。早速持って帰ってきていじってみたら、設定メニューからサクサクっと設定がわかる。こりゃいい感じ。
 で、PC側に設定をして、WiFi接続。テザリング状態でMAXで6Mくらい出たり、1M以下になったりとても不安定。満足できるのか、疑問な感じ。
 室内に弱く、窓際の方がいいというけれど、うちは木造なのであまり影響はないみたい。本体の置き場所で速度が安定するならいいのだけれど、そういうわけじゃなく微妙な感じ。

 次にUSBテザリング。どうもこれ、ドライバが上手く入らなかったようで、なんかつながったり外れたりと挙動が怪しい。大体最大で8M程度まで出そう。
 EVO単体でのスピードテストでは10Mを超えるときもあって、速いことは速い。でも不安定。

 うーん、これじゃあ家の回線の置き換えには不安があるな。最新機種ならば改善はされているのだろうか?
 今後人気が出て、WiMAXを使う人が増えればどんどん遅くなるんだろうしな。


関連記事[WiMAX

前後の記事 - [モバイル]::タイトル一覧
前後の記事 - [au]::タイトル一覧
前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP