農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

続・dignoのWifi運用

 ちょこちょこアプリを試しているのだけれど、ツイッターはtwicca、ブラウザはBoatブラウザが合う感じ。boat のUIはsafari そっくりらしいけど、iPhoneのが使いやすいってことなのかね。

twicca - Google Play の Android アプリ
Boat Browser ブラウザ - Google Play の Android アプリ

 さて、昨日からDignoはモバイルデータ通信OFFでWifiのみで過ごしているのだけれど、この条件だとCメールの受信はできるが、送信はできないようだ。
 そして、夜中は無線ルータの電源も切ってしまうので、WiFiも完全OFFになってしまうのだけれど、それでも緊急地震速報アプリは動作した。良くできてるけど、かなりびびる。
 ソフトバンクも昔はステーションなんていうサービスやっていて、9.11の時は速報が出たのにやめてしまったね。900MHz取れればなにかやるかな。

 今日は昨日の続きで、007Zの動作時間を伸ばすためにスリープをONにしてみる。そもそも、DignoのWifiがスリープしているのに、007Z側をONにしておくのは電池の無駄だし。

 そうやって1日過ごしてみた。007Zのスリープ設定は10分なのだけれど、これはこれでバッテリーが持つ。だけど、使う時に毎回本体のスイッチをOnにしないとならん。微妙。
 古いポケットルーターを白ロム買えば、でかいバッテリーがあるし、自動復帰が頭いいそうなので、その辺の微妙さが解消されるそうだけど、回線切り替えられないし遅いそうだ。ジレンマ。
 めんどくささがどの程度なれるかにかかっているのかなあ。


関連記事[Wifi

前後の記事 - [モバイル]::タイトル一覧
前後の記事 - [007Z]::タイトル一覧
前後の記事 - [DIGNO ISW11K]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP