農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ひたすら三国志2

 ここのところスマホでひたすらアプリ版三國志2をやっている。
 何人かの君主でやってみたところ、PC8801版と比べて武将が増えてるし、マルチエンディングになっているようだ。劉備,曹操,孫権系とその他の君主の最低4種類のエンディングがある。
 最後に出てくる武将は、配下の知力最高の武将と武力最高なので、諸葛亮以外を出したければ直前に解雇してやれば良い。

 しかし、中級でも計略が効きまくるので、難易度は低めか。上級は内政の効果が上がりづらいのでかったるいだけ。CPUはせめて来ないから時間ばかりかかる。
劉備軍

 攻略のコツを少し。
 ゲーム開始直後、再編成で武将たちの兵士を君主に集結。複数国がある場合には、忠誠度が高く魅力が高い太守を任命してそいつに集結。
 そして情報で全武将の忠誠度をチェック。最低知力90以上の軍師を何が何でも手に入れる。
 以後数カ月は太守or君主は褒美でパラメータの高い武将の忠誠度上げ,武将は忠誠が低い武将の引き抜きに。引き抜きの成功率は軍師の助言にかかっている。
 序盤を過ぎて引き抜ける武将がほぼいなくなったら、武将は訓練に明け暮れる。内政は民忠100を最優先。これは、武力・知力が低くても魅力が高い武将にやらせる。
 魅力が低い君主の場合、褒美を上げても忠誠度の上がりが悪いので、優先して忠誠度を上げたい武将は魅力の高い武将を太守にした国に移動して、そっちであげる。袁術とか。

 2国以上手に入れたら、君主の国は軍師と忠誠100の武将、忠誠95程度の武将1人に。忠誠が低い武将はそれ以外の国に追いやって忠誠度上げ。君主はそれ以後最後まで褒美→書物で、知力の高い武将の知力上げをやる。これが後々の内政への効果や、計略の成功率に効いてくる。
 ポイントとして、全員忠誠100の武将にすると、褒美を上げることができなくなるので注意する。

 この頃国は戦争で取る。でも、自分の兵士は極力使わない。同盟を組んで、共同作戦で同盟国に兵士を出してもらう。で、同盟国に戦ってもらって、勝ちそうなら退却。全滅するなら全滅を待って捕まるのを見届けて退却。後日その武将は引き抜き。
 弱り切ったところで、自国の部隊で占領。出してくれた同盟国も疲弊するので、そっちも隙があればいただく。

 内政は、智将部隊数人でチームを組んで金とともに国に移動。最大金額をかけて一気に100に持っていく。その部隊がつくまでは民忠を100にするよう努力。

 ある程度国が増えたら、10国(洛陽)を目指す。自分で持っていたら、兵士を1とか兵糧を0にして他国に攻め取らせる。
 取られたらすぐに戦争で奪うのを繰り返せば、アイテムが手に入る。重要アイテムは玉璽と書物。
 書物は軍師の知力を100に上げるのに必要で、玉璽は自分の勢力の信用度を100に上げるのに必要。
 軍師の知力が100になれば、計略の成功の助言の正確さが100になるので、無駄なコマンドをしなくて良い。また、書物を武将に上げた時の知力の上限が99になるので、その他の智将の計略成功率も上がる。
 玉璽は君主の魅力100,信用度100になる。こうなると、引き抜きがとても楽になる。

 こうなると本国に知力が80以上の智将数も増えるので、やることはひたすら「偽書」と「敵中作戦」。昔は太守は敵中作戦をかけても裏切らなかったのだけれど、今回は裏切る。
 忠誠を80程度にすれば適当な武将は敵中作戦にかかる。血縁とか義理の高い相手は敵中作戦じゃあ裏切らないけれど、引き抜きでいける。
 そんな感じなので、後半は、戦争→全員敵中作戦で裏切り→国まるまるゲットというパターン。
 ただ気をつけないと行けないのは、敵中作戦で全員寝返るとわかっていても、武将1人で攻めないこと。
 武将1人だと、寝返らせた後一旦相手のターンに変わるので、そこでもう1度裏切られる場合がある。そうなると敵中作戦が無効になるのでめんどくさい。
 2人以上で攻めて、寝返らせた武将は自国に退却させる。この繰り返し。
 忠誠度が90とかでも信用しちゃいけない。呂布とか魏延でなくても、これくらいの忠誠度だと簡単に裏切る。95以上あればまあ大丈夫かなあていど。
 裏切らせる場合は、なるべく敵が密集していない場所に移動したところをねらう。退却時に捕まる可能性は、敵が隣接している数の多さによって上がるので。

 国の増やし方は、相手が退却できる国がなくなるように国を取っていって、孤立した国の太守に敵中作戦や引き抜きをかけたら、武将たちは在野に落ちるのでゆっくり雇用する。
 劉備,曹操,孫権系,董卓以外の君主は、こうやって武将を引き剥がして最終的に降伏勧告で落とすので、戦争の重要度はかなり低い。

 ただ、城にこもっている兵士最大の曹操とか孫策あたりはかなり攻め辛いので、君主1人になったら、一騎打ち→退却を繰り返して相手の兵士数を削る。削ったら、5人で攻めて一斉攻撃。
 金と兵糧が多い場合には兵士を雇われるので周りの国を囲まずに逃げられる空白地(兵糧と金は0にしておく)を準備しておけば、そこに逃げこんでくれる。まあ、訓練度が低い兵士だとだいぶ柔らかいけれど。

 こんなかんじなので、中盤以降は計略と引き抜きばかり。序盤の武将が少ない頃は、忠誠度95以上の武将で攻めたら即寝返ったとかね。袁術とか猛獲あたりでやると体験できる。

 そんな感じで通勤時間にやると、スマホの電池の減りが半端ない。DSでも三国志が出てるようなので、そっち買った方が良いか。
 バージョンは2がシンプルでいいんだけど、DS の三國志は2じゃないのか。今はスマートパスで取ってるけど、正式版を買うかどうするか。


関連記事[三国志

前後の記事 - [モバイル]::タイトル一覧
前後の記事 - [au]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP