農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 27 | 28 | 29 || Next»

デジカメプリンタと携帯

 どうもうちの親、デジカメを買ったらしく、ジャパネットたかたから荷物が届きました。
 デジカメ一式+フォトプリンタ一式と言うことなのだけど、プリンタの設定が良くわからんとわたしにセッティングを任されました。

 物は、HP製、photosmart 335。サイズはコンパクトで、机の上においてあってもほとんど邪魔にならない。
 接続はUSBと、SD等のメディアじか差し。カラー液晶も付いているので、PCがなくてもそのまんま印刷できるよう。ふーむ。

 セットアップはらくらく。電源入れて、ちょこっと設定しておしまい。デジカメのテスト印刷も終えたので、そこからはわたしの時間と言うことで、携帯で撮った写真をプリントアウトしてみました。

 このページに載せている写真は、340×240のサイズで取っているので、少しぎざぎざになるかなと思ったのだけど、まあまあの画質。ただ、ピントの甘さが目立つかな。
 少し前まで使用していたV602SHの場合、SDカードを刺すと、そのまま画像を検索して、メニューから選択可能になります。なかなか頭が良い。
 でも、最近買った904SHのminiSDはそのまま使えず。アダプターをつけて刺してみたけど、カードエラーで検索もされず。この場合は、一旦PCにコピーしてから印刷してやらないとだめだ。

 それでもそこそこな画質で印刷ができるので、残したい写真はこれで印刷するかね。



904SHの画像管理

 中国旅行では写真を撮るために活躍してくれた904SH。帰ってきて少し整理をしてみます。

904SHのExif情報


 904SHで撮った画像にはGPS情報を埋め込むことができますが、それはExif情報として書き込まれるため、確認するには対応したソフトが必要です。
 そこで、このフリーソフトを利用しました。
Exif Reader - デジタルカメラデータ解析ツール
 これ、GPS情報が埋め込まれていた場合、マピオンで地図上に位置情報を表示することができます。これで、904SHで撮った画像の情報を表示してみます。

» 続きを読む


904SHとV602SHの画像比較

 携帯を買い換えました。
 これまで、このブログに掲載している写真は、V602SHで撮ったものでした。その前の携帯は、J-T52で、そのときの画像の比較は農場主の日常 買い物とかにあります。

 さて、今回新しく買った904SHと古いV602SHではどの程度差が出るか並べてみます。
904SH
 まず、購入した904SHをV602SHで撮ったもの。サイズは320×240で、画質はファインにしている以外はすべてデフォルト設定。
V602SH
 次に、V602SHを904SHで撮ったもの。サイズは320×240で、画質はハイグレードにしている以外はすべてデフォルト設定。上の写真と比べると、赤みが強めで、実際の色に近くなっているイメージでしょうか。
今度は、同じ被写体を取って見ます。
サクラキャンドルとサクラバクシンオー
 V602SHで撮影
サクラキャンドルとサクラバクシンオー
 904SHで撮影
 V602SHには、白ボケがあるという報告をよく読むのだけど、確かに全体的に白みがかった写真になっているよう。904SHは実際の色に近い感じかな。オートフォーカス性能は904SHのが向上しているようで、精度は高そう。それに、カメラの起動,シャッターを押してから保存までのスピードも、904SHはかなり速い。
 この大きさの写真だと、画素数はほとんど意味が無いはずなので、それ以外の性能もかなり上がっているイメージかな。なかなか良い感じの写真が取れそう。

 今後はこの携帯での写真をアップして行きます。 

ケータイリサイクル

 古い携帯電話、結構たまるもの。メモリーにいろいろと入っていたと言う経緯から、なかなか捨てるのも、回収してもらうのもちと怖い。
 そんな時、ボーダフォンのページを見たら、リサイクル情報がありました。
ケータイリサイクル最前線|ボーダフォン

 何でも、リサイクルマークのあるボーダフォンショップに持ち込んで、店員さんに頼むと、目の前で携帯電話を破壊してくれるサービスがあるらしい。ふむ。
 それならばと、まず手持ちの携帯のメモリーが全部消去(といっても、番号抜いた時に消えてたのか、電池がなくなって長期間置いていた関係で消えたのか、残っていなかったけど。)されてることを確認して、ボーダフォンショップへ。

 ボーダフォンショップにはリサイクル用の回収BOXがあったのだけど、店員さんに申し出て、ぶっ壊してもらうことにしました。

 店員さんは奥から「ケータイパンチ」と呼ばれる器具を出してきて、「バキ」っと2箇所に穴を開けてくれる。昔のストレートタイプはかなり硬いようで、てこずっていたみたいだけど、最近の折りたたみは「プス」っと簡単に穴が開いてしまった。ふむ。

 これでわたしの携帯もどこかでリサイクルされることになるんだろうなあ。

携帯遍歴

 会社入って少しの間、携帯は持っていませんでした。だって、電話しないし。
 でもどうも複数の友達から、「おまえは捕まらないから、携帯ぐらい持て」と言われるようになって、ついに持つことに。
 そんな感じで今は手放せない状態になってますが、これまでの歴代の携帯たちをまとめておこうかなと。

JK-02
 記念すべき初代携帯、J-K02。当時発売されてからずいぶんたっていたようで、新規1円で購入。古い機種だけど、サイドにゴムのような滑り止めがついていたり、デザインがかっこよかったりと、考えたつくりになっていた携帯だと思います。

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 27 | 28 | 29 || Next»

↑ PAGE TOP