農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»

交渉人 真下正義

 今月は結構見たい映画がやっているわりに、土曜日出勤が入ってしまったのですが、日曜日は休めたので見てきました。交渉人 真下正義。
 公式ページはodoru-legend.comで、映画を見ると結構鉄道関係の専門用語が多いので用語集があるのがポイント高いかも。

 ちとネタバレ気味なので続きへ。
» 続きを読む



ローレライ

 封切りからずいぶん経つのでもう上映していないところが多いですが、映画館を探してみてきました。
ローレライ
 今後の上映予定で「戦国自衛隊」やら「亡国のイージス」やらをやるということや、この5月,8月に「交渉人」やら「容疑者」やらをやるし、関連映画をぜひ見ておこうという気もあって。戦争映画もそこそこ好きだしね。
 以下ネタバレふくむかも。

» 続きを読む


ナショナル・トレジャー

 会社からの帰り道にある映画館に19:00にはつきそうだったので、見てきました。ナショナル・トレジャー。これ、もう封切りからずいぶん経っていてそろそろ放映終了だということだし、時間もあるしね。

 映画館について見ると、本日最終放映回なので300円割引が。ラッキー。

 さてさて、映画は王道の宝探しですわね。アクションあり、謎解きあり。子供のころの宝探し遊び、あるいはゲームブックを読んでいる感覚をアメリカの名所案内とともにやっている感じ。こういうのはやっぱりいいねえ。
 キーワードはテンプル騎士団・フリーメンソンとオカルティックなものもあるので、呪いとかトラップとかが出てくるかと思っていたのだけど、そういうのは無くて謎解きが主。その謎解きもあまりマニアックとか専門的ではないので素直に楽しめる。なかなか堪能してまいりました。

 印象に残った台詞で、最初のほうにFBIに門前払いをされるシーンなのだけど、
「狂う寸前だと思われている。」
「オタク?」
「いや、情熱者だ。」
 という訳文。オタクはそれくらいのランクなのか?

コンスタンティン

 陽気もいい感じですが、なんだか花粉症も収束気味なので友達と映画を見てきました。このまえ封切りになった「コンスタンティン」
 公式ページは『コンスタンティン』 IN THEATERS NOWになります。
 この作品、小説だかアメコミだかが原作のもので「マトリクス」のキアヌ・リーブスが主演の作品ということ。話題性も高いのかと思っていたのだけど、映画館は結構すいていた。
 主人公はエクソシスト(悪魔祓い士)でありオカルト物の感じが漂うわりに、ホラー映画ではなくアクションよりの映画。その上アクションシーンもどうも今ひとつという感じで、期待のわりにちょっと不完全燃焼。天国と地獄を行き来するという背後のスケールの大きさのわりに、主人公がやったことはどうもそれほどすごく感じないのはなぜなんだろう。

 この作品のキャラクターに「ハーフブリード」という天国側,地獄側それぞれの仲介役がいるのだけど、その名前が「ガブリエル」と「バルサザール」。どちらもキリスト教に詳しい人ならばなじみがある名前だけど、作品内では元ねたとは関係が無いらしい。特に公式ページのキャラクター紹介でガブリエルは、“あの「大天使ガブリエル」と同じ名前を持つ天国からのハーフ・ブリード”という説明がある。でも、普通天国の使者でガブリエルと聞いたら、大天使そのものであると思うよなあ。そういう効果も狙ってるのかもしれないけど、そのあたりもどうも今ひとつの感じではあった。

 でも、ラスト周辺はJojoのような駆け引きを見られるので、その辺はなかなか。もっと人気になるようなら続編が出るんだろうけど、どうなるかねえ。

 ちなみに、映画公開と同時にサウンドトラックが出ているみたいです。



ハウルの動く城

 最近映画を見に行く機会が無かったのですが、今日は見ることができました。ハウルの動く城
 ミーハー?いや、そうなのですよ。

 ネタばれになるかもなので、ここから続きで。
» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»

↑ PAGE TOP