農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

中島みゆき-大吟醸

 休みの合間の出勤日。ここのところ仕事が押していてつぶれ気味。通勤用に少しパワーをためようと、元気の出る系の曲を探していました。
 中島みゆきの曲は、元気が出る曲や名曲が多いとネットの評判もあったので、BookOffによって探していたところ、よさげな曲の入ったアルバムを見つけました。
1曲目が、ドラマ「家なき子」の主題歌,そして最後に「ファイト!」というラインナップで、新旧織り交ぜたHit曲ばかりで構成されているそうな。
早速、寝入りはなにじっくりと聞いてみました。

大吟醸

大吟醸

中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2002-02-20
CD
定価:¥ 3,045
Amazon価格:在庫切れ
(価格は12月10日 16:39現在)


...全体的に失恋したりする女性の歌が多いのかね。聞いているとこう、だんだん暗くなってくる。
 そんな中で一番共感してしまったのは「狼になりたい」だった。このラインナップの中でHit曲というわけではないのだけど、なんだか思いが重なる部分が。
 明け方の吉野家で、愚痴っている若い男の歌なんだけど、ゆっくりした曲調とその絶望感に涙が流れた。
 「狼になりたい」のは、それを目標としてがんばっているわけでなくて、絶対になれないものへの憧れと、これまで自分がやってきたことへの後悔、将来への絶望感が詰まっている感じ。それを意図しているのかわからないけど、そんな感じの曲に感じました。
 なんだかこう、ひたすら悲しくなった。別にそういう状況を経験したというわけではないのだけど。

 そして最後の「ファイト!」。この曲、CMで一部しか聞いたことが無かったのだけど、全体はこういう曲だったのだね。応援歌のような曲ではあるのだけど、どうしてもその、告白部分の話に頭が行ってしまって、あんまり元気が出てくるような曲ではなかったや。

 聞き終わって、やっぱり名曲ぞろいとは思ったけど、どうも元気はあまり出てこない。「最後の女神」は結構よかったんだけど。通勤で通しでこのアルバムを聞いてたらまた涙が出そうだよ。


関連記事[大吟醸

前後の記事 - [音楽]::タイトル一覧

コメント


matsuaki wrote:
こんばんはー。ご無沙汰してるけどお元気してるー?
サクラちゃん、いろいろとあって最近お疲れ気味みたいね。
そういうときは、あんまりムリせず、マイペースに過ごすのがgoodよ♪
急いでみたって大して前には進まないんだから。自分に正直に、周りにはゴマカシでラク~にいきましょw

で、元気になるのに中島みゆきはチョットね~w それも「大吟醸」だし。昔の曲は暗い曲多いよ?
(でも「悪女」とか「時代」は好き。あと「世情」は聴くと今でも涙が出るしw)
中島みゆきは最近の曲聴きなよ。
「銀の龍の背に乗って」とか、「ヘッドライト~」とかさ。この辺の歌詞は元気出ると思うよ?

じゃ、またね♪
06/08/03 19:47:36
やあおひさ。マツアキさんも相当なもんじゃない?
結構長期の休暇があったんだけど、休みがあれば仕事は押しちゃうよね。

「大吟醸」はさ、中島みゆき入門には良いとどこかで読んだので買ってみたのだよ。確かに、Drコトーとか、プロジェクトXも良いね。
最近、「元気ですか?」っていうアルバムが出たらしいんだけど、それには「銀の龍の背に乗って」は入ってないみたいね。
手に入れるとすると、シングルか、ダウンロード買いかね。
06/08/03 23:34:17
shin wrote:
iTunesの「Music Store」で200円だぁね・・銀の龍。
使ったことないけど・・・購入には登録とかいるのか?
06/08/04 01:21:05
200円かぁ。BookOffとかでシングルを探すとかどうかな?
労力考えると、ダウンロードした方が良いのかもね。
06/08/04 06:58:21
shin wrote:
でもさ、そっち系の曲ばかりじゃなくって「純情~スンジョン~」とかの無理やりノリノリ系の曲はどうよ?
06/08/06 00:29:17
ダウンロードサイトで試聴があったので聞いてみたけど、悪くないね。
ただ、毎日朝聞いてて、逆に疲れないかが結構重要だったりする。ウルフルズとか爆風スランプ聞いてた時があったのだけど、なんか疲れちゃってね。
今は、中島みゆきとミスチルとBUMP OF CHIKINあたりをローテーションしてる。
あ、ピアソラ聞いてる時もあるか。
06/08/06 08:13:22
shin wrote:
TOKIOの「宙船」なんてどお?
06/08/12 21:55:16


コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP