農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»

雨と放送

 サイトいじりがひと段落して久々のログイン。
 休日の昼間なので、ギルモンの餌の補充がてらのイセエビ狩りと、1サバで露店。珍しくボムカードが2枚ほど売れたりして。

 そんな裏で、投票のついでに買ってきたスポーツ新聞を見ながら競馬でも。今日は京成杯AH。ハンデ戦とはいえ荒れないんだろうなと思ったら、レース前に関東地方は急激な雷雨が。あれ?荒れるかな?もう馬券買っちゃったよ。
 追加で買うかどうしようか悩みながら、フジTVのスーパー競馬を見ると...音声が出てないよ。テロップには、
「天候の影響で放送が一時中断しています」
 と。中山競馬場から放送しているらしいのだけど、雷雨って影響するんだね。貴重なものを見せていただきました。
 まあそんな感じで、リターンも無く。



震度5の地震

 家の用事をいろいろやって、夜には時間ができそうなので飲み会に参加しようかなと思った矢先、地震が来たよ。
 最初のゴゴゴゴというゆれのあとで、久しぶりのかなり大きなゆれ。PCの前に座っていたので、周りのものを抑えていたのだけど、机の上にあったCDの棚なんかから物がガラガラと。いやー、でかかった。

 TVをつけてNHKを見ていると、うちのほうは速報で震度4とか。震源は千葉の方で、そっちの方は震度5かあとか見ていたら、なんだか訂正が入った模様。うちのほうも震度5かよ。いやー確かに最近無いほどでかかったもんな。

 気象庁 Japan Meteorological Agencyのページから震度の範囲を見てみると、影響はかなり広範囲で、震度5の地区も結構あるよ。うむむ。
 なんだか交通も麻痺しているようで大変そうだ。飲み会行ったメンバーは大丈夫かね。


朝の地震

 朝から雨が降っていた日、日記を書きつつクエストなどをしていると、なんだか頭がくらくらくら。めまいかなと思っていると、回りもくらくら。だんだんゆれが大きくなって...
 あぁ、地震か。いよいよ来たかと。
 気象庁: 気象情報によると、震源地は茨城県と千葉県の境あたりのようだ。でもそのあたりには確か、常陸国一之宮 鹿島神宮があったよね。

 この鹿島神宮には、要石という石があるそうです。この石は、表面に見えている面積は小さいのですが、地中に埋まっている部分がとても深いため、地震を起こす大なまずの頭を抑えているという言い伝えになっており、この地方は地震の被害が小さいとか何とか。でも確かこの地区は、地震の巣といわれているほど地震が多い地区だったりします。

 鹿島神宮のページを見てみても、この要石のなまずの話は江戸時代からの伝承だそうで。その時代はペリー来航や大地震が重なった時代で、地震となまずの関係もそのころにできたとか。それ以前は地震となまずは何の関係も無かったってのも面白い話ですね。

 そういえば気象庁: 気象情報に、東海地震の予知関連のデータが出ていますが、4月9日に異常値が観測されていた用です。詳しい調査から、東海地震とは関係が無いという結果になったようですが、今回の地震とはまったく関係無かったのでしょうか。
 いつかは来るとは思うのだけど、そばに懐中電灯とラジオがおいてある程度で、何の備えもしていなかったり。怖い話だなあ。

東武踏切事故

 わたし、東武伊勢崎線を昔から使っています。

 あの事故の日は、会社の人から
「なんか大事故があったみたいで、電車止まってるみたいよ?」
 なんてことを言われたので、ネットで調べて事故を知ったわけです。

 事故があった竹ノ塚の駅は、たまたま去年の12月の今年の初雪 - 農場主の日常に写真を載せていました。この写真の右端に2本の柱が立っていますが、あれが踏み切りです。写真で写っているかどうか微妙ですが、近くに小屋があって、その中で人が踏み切り操作をします。
 竹ノ塚駅には左右に2つ踏切があって、写真の踏み切りは事故のあった踏み切りではないのですが、両方とも開かずの踏み切りで、ラッシュ時には人が操作するのを見ることができます。
 この駅は私の家の最寄り駅ではないし、歩いていける距離にあるというわけではないのですが、そこそこ大きいのでたまに利用しています。

 Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <東武踏切事故>遮断機下ろし忘れ、1年前にも 小松容疑者にありますが、東武伊勢崎線にはほかにも北千住に大きな踏切があります。
 最近高架化が進んでいるとはいえ、竹ノ塚-西新井間はいまだ高架ではないのです。竹ノ塚には車庫が,西新井には電車工場がある関係なのかも知れないけど、その関係で踏切があるんだろう。
 踏み切り操作小屋からの見通しは良いのであまり事故が無かったのだろうけど、これからはどうするのだろう。あの踏み切りも味があるといえばあるのだけど、そうも言ってられないよなあ。

夜の停電

 たまたま事務所が早く閉まる日だったので、とっとと帰ってきました。久しぶりのログインかなーと思いつつ、PCを立ち上げたところで

 バチューン。

闇の中
 電源と電灯が落ちました。電気使いすぎでブレーカーが落ちたのかなと思ったら、うちを含めたまわり数件が停電しているらしい。それもほんとに数件の範囲。なんだよもう。
 親とか近所の人の話だと、昨日だか昼間だかに電柱の工事があったので、そのせいかもと。
 仕方ないので、東京電力のカスタマーセンターに電話。電話もかけられない状態なので、携帯から。うんむ。

 なんていうか、長時間の停電だと確かに不安だね。私の部屋には懐中電灯とラジオはあるのだけれど、3日とか4日とか電気が復旧しなかったら、果たして持つのか不安になったよ。
 うちはなんだか結構電化されていて、電気が入らないと風呂も沸かないし。

こんな時間でも工事
 電気の修理でも緊急性があるらしいので、サイレンを鳴らしてくるのね。結構早く修理の人が到着して、電柱に登っていきました。寒いけど作業を見ていると、検電したあとでヒューズをチェックして、電極にこげが無いかどうか調べているみたい。
 会話を聞いてみると、こげは無いけど緩んでいただけだとかなんとか。てことは、電極の固定が甘くて外れたとかそんな感じか?いや、勘弁してほしいねえ。

 エアコンも入らないので布団に入って、懐中電灯の明かりでマンガを読んでいると、数分して電気が復帰。電柱の上のトランス(ポリバケツみたいな形のやつね)が壊れたんじゃなくてよかったねえ。

 そして、そのまま就寝。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»

↑ PAGE TOP