農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

Android-x86 でICSがアップデートされていた

 少し前、Dynabook SS 1610にAndroid 4.0を入れていたのだけれど、少し見ないうちにアップデートされて、RC1が出たようだ。
Download - Android-x86 - Porting Android to x86

 ただこの公式では、一般的に使えるgenericバージョンはおいてない。Googleのディスカッショングループを覗いてみたら、有線LANが使えるバージョンのisoを公開している人がいて、それがgenericバージョンに近いらしい。
 早速その人のページからダウンロードしてインストールしてみた。
 それでインストールをしてみると、google PlayやDolphinブラウザまで入っていた。
GooglePlay
 googlePlayが動作すると、色々と日本語対応のアプリをインストールする事ができる。特に、IME関係は重要。入力がなんとかなれば、結構できてしまうもんだ。
 だけど、ダウンロードはでることはできるんだけど、どうもいざ日本語入力をしようとしても、うまくいかない。ダメだなあ。
 同じサイトに3.2もあったのでインストールしてみたら、これにはGoogle Playが無いのでどうにも。いまいち。今後のバージョンアップに期待か。



100均グッズでDynabook 1610の整備

 落札したDynabook SS 1620にSSDを載せて常用するとすると、若干難点が目に付く。天板のネジ隠し用のシールが一部なくて、ネジがむき出しになっている部分がある。
 よくあるシルバー系のプラスチックシールがあれば、それを適度な大きさに切って貼ってやればいいのだけれど、最寄りの100均一では見つからなかった。
 そういうわけで、携帯デコ用のシールを買ってきた。
目隠しシールとデコシール
 デコシールは、目隠し用シールと幅が同じくらいのをチョイス。

» 続きを読む


Android x86 4.0 起動成功

 Dynabook SS 1610に何とかAndroid 4.0をインストール出来ないかなと、フォーラムを覗いていたら、幾つかisoが上がってるのを見た。
 その中の1つが目を引いた。
Patch for virtualbox support - Android-x86 | Google グループ
 よく読んでみると、
「This image might be working for VMWare and even on generic x86 but I've not tested. 」
 このイメージはVMWare向けに動作している。genericと同等だと思うが、私はテストしてないなんて感じか。

 早速CD-ROMに焼いてインストールしてみた。
 フォーマットできなくて止まるという事もなく、先に進んだ。
 表示が乱れたかなと思ったら、無事インストール完了。なんだか殺風景な画面に。
 右上の点々をクリックしたら、アプリの一覧みたいなのが表示された。
Android 4.0
 ふーむ。動作もなかなか軽い感じ。
 configからwi-fiも認識して、アクセスポイントが見えた。キーを入れたら、接続された感じになる。
 キーボードは英語になっているようだが、認識されている。タッチパットやマウスも使える。
 言語は最初、Japanというのが見つからなかったのだけれど、そのままずっと下までスクロールしたら、日本語というのがあって、それを選択したら設定画面が日本語に。
 イーサネットは認識せず。Bluetoothもダメだけれど、ひと通り設定は可能な状態。ふむ。

 アプリの動作を見ようと、ブラウザを立ち上げると、アクセスしたかと思ったら落ちてしまう。ストアにはアプリがあるかなと思ったら、なにも表示されない状態。ゲーム関係は、入力を受け付けない。ほんとにただ、「Android 4.0が動いたよ」という状態。これじゃあどうしょうもないな。動作は結構軽いんだが。


Dynabook SS 1610にAndroid 4.0のインストール

 さて、XPが立ち上がらなくなったSS 1610。メモリは1GB,HDDは32GBのSSDに換装済み(プチフリするけど)。別にXP Proがインストールされた1620も手に入ったので、他のOSでもインストールしようかなと。
 どうせなら、最近話題のAndroid OSをインストールしてみようか。

 Android OSはフリーでソースが公開されている。本来ならば、それをコンパイルする必要が有るのだけれど、インストール可能なCDイメージで配布しているサイトがある。
Download - Android-x86 - Porting Android to x86
 x86系のAndroidとは書いてあるけれど、ASUSのeeePC向けが中心。
 このうち、2012/1/1に4.0のイメージがアップロードされているので、早速インストールしてみた。
 しかし、残念な結果に。
 [Android] x86用Android4.0(ics-x86)はVmwareで使えるか?
 現象は、こちらのサイトに書かれているのと全く一緒。
・android-x86-4.0-asus_laptop-20120101.iso
インストールしようとするとディスクのフォーマットに失敗して先に進まず。
ライブCDではnot asusの警告が出て先に進まず。
・android-x86-4.0-eeepc-20120101.iso
ブートから先に進まず。

 何か、eeePCやASUS向けにカスタマイズしている所が引っかかっているんだろうなあ。安定版といえば、2.2あたりらしいけれど、いまさらな感じもするしなあ。

Windows XPのプロダクトキーの確認とメモリ交換

 先日、Dynabook SS 1620のメモリを注文したのが届いたので交換。

 新品が2000円前後で相性保証まであるとは。

 チェックがてら、DtoDでリカバリ済みの1620のプロダクトキーのチェックをしようかなと。
 リカバリ済みの筐体とジャンクの筐体に、XP Proと思われるプロダクトキーが貼ってある。これは全部使えるのかなと、インストール済みのプロダクトキーを調べてみる。
 調べるにはツールが必要らしいのだけれど、問題ありそうなので名前は伏せる。
 それで確認したところ、貼ってあるプロダクトキーの番号とは違う番号が表示された。もしかして、ライセンス違反?

 Googleで調べてみると、同じような質問が。なんでも、プレインストールされているXPと、貼ってあるXPのプロダクトキーは違うことが多いそうだ。

 そんなこんなで、メモリを交換したり立ち上げたり何なりしていたら、2台のうち1台のノートのWindowsが立ち上がらなくなってしまった。
 スキャンディスクがかかったと思ったら、そのまま時間がかかっていたので、電源を切ったら壊れてしまったようだ。
 修復を選択したら、今度は立ち上がったけれど、ログイン画面がおかしい状態に。
ログイン画面の日本語がおかしい
 レジストリでも壊れたか?
 再インストールが必要だなあ、これは。


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

↑ PAGE TOP