農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

無線LAN環境構築をやろうかなと。

 先日、300Mbps対応無線LANアクセスポイントを買ったのだけれど、1ヶ月もセットアップせずに箱の中。
 そろそろ仕事も落ち着いたので、環境強化をやろう。
 LANアクセスポイントにはUSBポートもあるんで、古いUSBメモリとかSDカードが簡易NASとして使えそう。
 それがうまく行くようなら、WIN7とXPのファイルのやりとりも楽になるかな。

 そして調査。最近の無線LAN子機もBluetoothドングルもみんなUSBのようだ。
 ノートのUSB端子をどんどん使ってしまって、PCカードスロットは空いているというのもあれなので、USB付きBluethoothカードを買って、無線LANはUSBドングルにしようかと。
 そして、古いUSBドングルは、デスクトップにつけて通信するか。
 そういうわけで、楽天で注文。
 

 


 ツライチのカードは結構めずらしいんかな。これなら、有線LANだけを使う環境なら出っ張らないし、良い感じ。



SS1610をSSD化

 楽天に注文していたSSDが届いた。早速Dynabook SS 1610をSSD化してみよう。
 SS1610はS-ATA対応ではないので、IDE対応のSSDを購入。

 でも、そういうSSDはコントローラーがいまいちでプチフリーズするという問題や、容量が小さいという問題があるらしい。もしやるなら、小型のSSDが入っているS-ATA対応のSSDを分解して、変換コネクターをかませるそうだ。

 まあ、まずはやってみようということで。
 再インストールしても良いかなと思ったけれど、どうせなら今ある環境をそのまま移す方法を取る。
 コピーにはこれ、

 ただこのTrueImageには、「現在のHDDのパーティションサイズより大きいディスクにしかバックアップできない」という難点がある。
 現在80GBのHDDなので、32GBじゃあ小さい。どうするか。

 HDDの空きは十分にあったので、まずは、フリーのパーティション変更ソフトをインストール。それで30GB程度にパーティションを変更後、TrueImageでバックアップ。最後にSSDに書き戻す。
 その手順で問題なくSSD化終了。

 起動してみると、気持ち悪いくらいに無音。そして、起動が速い。メモリもそこそこあるとはいえ1GBなので、SSDへのアクセスを抑えることはできないけれど、たまに使う分には寿命も何とかなるだろう。

 あと、電池切れで毎回起動時に時計を合わせなおしていた件。今回の作業で4時間ほどコンセントを刺しておいたら、充電されて電池が効くようになった。軽いし、もう何年も使うことにしよう。


SSDへの妄想

 久々の出張。結構自信のあった資料での説明だったけれど、客先からいろいろとだめだしが。少し凹み気味。

 そういうわけで、久々の秋葉。手持ちのノートPC、Dynabook SS 1610のパワーアップでもしようかなと少しみて周る。
 もともと7000円前後でジャンク品を手に入れたものなので、それほど気合を入れたバージョンアップは不要と思っているんだが、立ち上がり時にCMOSエラーがでるのは気にかかる。
 これ、「BIOSのデータが正常に記憶されていません」ということのようで、バックアップ電池切れが濃厚なんだ。電池を交換して、ついでにSSD化してやろうかとも思いつつ。

 店をみて回ったら、IDEのSSDってなかなかないね。まあこの時代、主流はSATAだわな。ついでに、安いSSDってのは地雷があって、使っているときに不定期に5~6秒くらいフリーズすることがあるんだそうだ。そういう場合はメモリをたくさんつんで、なるべくSSDへのアクセスを減らすのが良いそうだけれど、そうそうメモリもつめないよな。1GBつめれば十分なのか?

 そんな感じで、調査不足で電池もSSDもかわず。電池はチチブ電機にはあるのだろうか。

秋葉の中古ノートの状況

 秋葉に来たこともあって、おなじみのジャンク通りをあるいて、面白みのある商品がないかどうかあさる。

 うちには、デスクトップ1台と、持ち運び用のノートがある。ノートは、ジャンクで購入したSS 1610だ。これ、無線LANなし、celeronというタイプなので安かった。

 みて周った店の中で目を引いたのは、「SS 1620 無線LANモデル、リカバリ領域あり、バックアップ電池切れ、XP Proインストール済み」というモデル。こいつが1万1千円。CPUはPenMなので、うちのやつの完全に上位モデル。

 仮に、うちのSS 1610を内蔵無線LANにするだけでも、その売値を超えてしまう。もちろん、重さや形も同じなので、買ってしまえば少し上のモデルを体感できる。
 現在のSS 1610では、IE8やウィルス対策ソフトが重いらしく、フラッシュなどを多用するページやyoutubeを巡回するのは少しパワー不足を感じる。この前メモリを増設して1.2GBになっているとはいえ、そのあたりはだめなんだよな。

 そんな感じで迷った挙句に、結局やめ。
 内蔵無線LANなんて、新しい規格がでたらどうせ使わなくなるんだしPCカード式で十分。
 CPUがちょっと速いぐらいじゃそれほどかわらんよ。

 と自分を慰めつつ。

SS 1610のHDD交換

 さて、昨日購入してきたジャンクのHDDをSS 1610に付けて、再インストールをすることに。
 モデルは、HGST/日立グローバルストレージテクノロジーズ Travelstar 5K80 HTS548040M9AT00。40GB,5400rpm,キャッシュ8MB。

 HDDをSS 1610に接続して立ち上げてみると、何かが立ち上がった。
「このHDDは完全消去されています。」
 と。店の方で、きちんと消去ソフトでフォーマットを終えているようだ。

 そして、WinXP Homeをインストール。20GBのHDDを使っていたときより、早くインストールが完了する。かなりしずかだ。

 インストール後、アップデートやらウィルスソフトのインストールやら。終了後にチェックディスクをかけても問題なし。良い買い物をしたな。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

↑ PAGE TOP