農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

ひさびさの秋葉で買出し

 先週、いろいろと落札されたことに味をしめて、秋葉で何かオークションに出せそうなものを買えないかなと。

 歩き回るのは、PC関連のパーツショップが立ち並ぶエリア。しかし、パーツとかを見ても、最近のは相場が良くわからず、古いのも良くわからず。
 かろうじて、TOSHIBA関連のパーツがわかる程度。わたしにゃ転売は無理だな。

 そういうわけで、家のやつが壊れて困っていた、IDE-USB変換ケーブルと、SS 3430用の大容量バッテリのジャンクを購入。

 ジャンクバッテリーはテスト動作させてみたけれど、十分生きているようだ。2つもイランかもだけどね。



USB2.0カードの購入

 CFカードをSSDのかわりに使用して、無音ノートPCと化したDynabook SS 3430ですが、あとの弱点はUSBが2.0対応では無いことかなと。

 PCカードスロットは2スロットあるので、片方にカードを指すとすると、USB端子がPCカードスロットに隠れるタイプが良いかなと。

 ツライチシリーズというのがそれらしいのだけれど、それより安い物を楽天で発見。


楽天ウェブサービスセンター

 
 1,490円(税込,送料別)
(価格・在庫状況は10月17日 0:42現在)
 shop:


 ちょうど、携帯の日でポイント倍増キャンペーンだったので購入。しかし、それだけパワーアップしても、何に使うんだろう。


CFカードへWin2000のインストール

 さて、昨日はWin98のインストールがうまくできなかったのだけれど、今度は本命のWin2000を入れてみることにする。

 わたしのWin2000はアップグレード版で、Win98が動作していないとインストールできないと思っていたのだけれど、Win2000の起動ディスクで立ち上げてCD-ROMにアクセスできればクリーンインストールが可能らしい。
 早速、Win2000の起動ディスクでBootしてインストール作業。

 アップグレード版でインストールを開始すると、まずは互換性のチェックから。旧バージョンのWindowsが必要と出てくる。
 とりあえず、Win95のディスクを入れると、問題なく次に進めたようだ。
 次に、アップグレード版のシリアルを入力したら、長いインストール作業へ。

 再起動がかかって、無事にインストール終了。立ち上がったらしい。
 しかし、HDDから起動すると、静かにこりこり言っていた音もなく、まったくの無音状態。起動にかかる時間も結構あるので、フリーズしてるんだか良くわからないのが怖いか。
 ちなみに、昨日のWin98が立ち上がらなかった件なのだけれど、どうも、FDISKが失敗していたようだ。リカバリーの前に、FDISKして、電源を切る必要があったとか。
 まあでも、結果的にWin2000が立ち上がったから良いか。

CFカードへのWin98のインストール

 さてさて、家に帰ったら注文したCFカードが届いていました。
 アダプタは数日前に注文したのだけれど、同じ日に到着。そういうわけで、動作確認もあわせてインストール作業を。

 インストールは、まずはリカバリーディスクを使ったインストール。

 古いPCだけあって、そこそこ時間がかかる。
 そして、リカバリ完了のメッセージと、再起動を促すメッセージが。いよいよだ。

 早速再起動すると......なんだか、起動しない。No Systemみたいなメッセージが。あらら、だめだったか。

 今日は遅いので、原因究明は明日にするとする。

CFの購入

 さて、SS 3430を擬似SSD化するため、CFカードを手に入れなければいけない。
 そもそも、良いCFカードを買えば速くなるんだろうけど、転送速度の関係で、お手ごろ価格の133倍速のやつで十分という調査結果が出ている。

 あとは容量。インストールするOSはWin2000なので、まあ数GBあれば良いかなと。
 そういうわけでチョイスしたのがこれ。

 値段が安めだったのと、送料無料で、ポイント10倍中だったのでこれに。
 さて、あとはこいつで問題なくBootできるかというのが山ではある。

 バッテリが大容量で、SSD化で無音と化すSS 3430だけど、あとはネックはUSBかな。1.1で1ポートのみじゃどうにもならんし。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»

↑ PAGE TOP