農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 | 20 || Next»

静音スパイラル

 暑い中クーラーもつけずに午前中からページの更新作業とか調査とかをやっていると、どうもPCの音が気になる。ゴーというようなファンの騒音なのだけど、暑いとすごく気になってくる。

 そうなると衝動的に秋葉に向かうわたくしが。これで3週連続秋葉かよ。
戦利品たち
 とりあえず仕入れてきたのは、静音型CPUファンと、PCIスロットにつけるタイプのファン。PCIスロットにつけるファンは古い方のPCに搭載してうるさくなったVGAファンを止めて運用してみるつもり。さてはて。


» 続きを読む



秋葉で散財とプリンタサーバ

 夕方から雨が降りそうな土曜日。最近調子の悪くなっていたものがあるので、いい加減買い換えようと思い立つ。

透けーるとん
 それはマウスなのです。最近ブラウザでクロスゲートの日記サイトなんかを読むのにホイールをころころとまわしてスクロールさせると、しばしばスコーンとスクロールしてしまうのです。いい加減頭にきたので、こいつを買い換えることに。
 しかししげしげ見てみると、ボタンの部分や握るところの表面の銀の塗料がはげて半透明のプラスチックの地肌が。痛々しいなあ。

 前にマイクロソフトのマウスを買ったことがあったのだけど、あれは私の手にはでかすぎだったので、とりあえず寸法だけ測って秋葉に向かうことに。


» 続きを読む


電源コードとコネクタ

 予告どおり秋葉でコネクタと工具を買ってきたので、電源コードの処理をやってみよう。

作業前点検
 これが現在の状態。コードはケース内にたらすとかなり邪魔なので、空き5インチベイの内側にまとめて押し込んであります。PC内部は空気の通り道を考えないと熱が篭りやすくなるのです。

» 続きを読む

電源コードの処理

 GWの谷間というか、会社に出てきてもあんまり人が居ない感じで。そこそこ仕事しても、会社が早く閉まったので帰って来れました。とはいえ、なんだかあんまり何をするでもなく。

 この合宿に行く道すがら暇なので、週刊アスキーを久しぶりに買いました。GWの合併号で「XP高速化秘技80」なんて見出しが。まあでも、期待もせずに読んでいくと、なぜか後半はハードよりの話に。XPの高速化と関係あるのか?
 HW(ハードウエア)の話といってもある程度は広告だなあと思って読んでいると、「(75)不要なケーブルは切る!」という見出しに目が行く。
 電源ユニットから伸びるケーブルのうち、使ってないものを切ってしまうという話なのだけど、普通は切って絶縁テープで巻いておしまいということになりそうだけど、この記事はそうではなく、切ったケーブルに接続コネクタをつけて、必要なときにつけられるような改造の話だった。

 いや、盲点だった。私はEG365/465P-VE(FM)という電源を使っているのだけれど、機器があんまり付いていないので無駄なケーブルが多かったんだよね。コネクタをつけておけば必要なときにすぐ追加できるし。
 必要なものは、切るケーブルのタイプ別のコネクタと、ケーブルにつける圧着端子、それを加工するための電工ペンチか。ちょっと知り合いに相談してみると、ケーブルの皮膜を剥くのはカッターかニッパーでもいいんだろうけど、専用のストリーマがあったほうがいいとの話。確かにPC用の配線だと、リード線の中の金属を切ってしまうと抵抗が大きくなりそうだし。安いやつを買ってみるか。

 でも、土曜日出勤で日曜日演奏会だから、秋葉行くのは来週か。結局やらない気もするが。

最近のPCとJoyPad

 相変わらず終電間際に帰ってきて寝るだけの生活になってます。その間にXGはメンテの日が過ぎたそうで。内容は何もなしらしいですし、ファンブルグタイムズも最近最も手がかかってない状態みたいですね。ジャバー関連で忙しいのでしょうか。
 ローブの新レシピ...

 それだけじゃあなんなので、またPC関連の話でも。新しいPCでふと気づいたこと。サウンドはオンボードなのですが、MIDIポート兼用のGameポートが無いのです。今までわたしはジョイパットにMicroSoftのサイドワインダーを使っていたのですが、このポートがないと接続できない。うんむ。
 この前秋葉をさまよったときに関連商品を見てきたのですが、現在はほとんどUSB経由が主流みたいです。Gameポート->USB変換コネクタとか探したんですが、現在販売終了見たいです。この手の変換ものは、PS2(プレステ2)->USB変換ケーブル,変換コネクタの類。大体2000円前後。そして新しいUSB接続ゲームパットもそれくらい。どちらか1つ買うかねえ。

 なんて感じで、古いPCの整理をしていたときに、SnesKeyというソフトをインストールしていたことを思い出しました。これ、怪しげな海外ツールで、プリンタポートに接続したスーパーファミコンのコントローラーをPC上で使用できるようにするドライバなのです。スーファミだけでなく、ファミコンやセガサターン,3DOのパッドなんかも使えるようにできるという優れもの。早速引き出しを漁ってパッドを捜してみました。

あったー
 外観はこんな感じです。これ、秋葉でパラレルポート用のコネクタとスーファミパット延長ケーブル,ダイオード数個を買ってきてはんだ付けして作った代物なので、スーファミ用のパッドならどれでもつけられるようにしてあります。とりあえず純正のコントローラーをつけてみましょう。

 ものはあったのでこれがWindowsXPで使えるかをネットで検索。しかし大本のSnesKeyは1998年に開発終了しているらしい。海外サイトでいくつか配布している場所があるのだけど、知識無しにダウンロードするのはウィルスとかの危険があるのでやらず。

 情報だけ調べてみると、PsxPadというソフトを使うとWindowsXPで使用可能らしい。その上このソフトの作者は日本人みたいだ。すごいね。
 早速公式サイトからダウンロードしてウィルスチェックしてからインストール。うむ、設定は普通に終了。そして
確認中
 コントロールパネルからゲームコントローラーの調整画面を出してみると、普通に使えるよ。どのボタンを押しても問題なく動作するみたい。はっはー、おもろいね。
 そのまま古いゲームを立ち上げて使ってみても違和感無し。スーファミのコントローラーでゲームってのも久々だなあ。ソフトの作者に感謝。

 まあでも、プリンタポートが取られるのは困るし、どうせゲームするならPS2のパッドのほうが使いやすいので、そのうち秋葉行ってUSB変換のものを買ってくるかなあ。

*こういうソフトを使ったり、自分で作成した機器をPCに繋ぐ場合は、PCがぶっ壊れたり、ウィルスに感染したりする場合が多々あります。作成,使用は自己責任でよろしく。そんな理由で今回ソフトのページにリンクは張っていません。

 こういうのを作るのは楽しくていいんですが、材料費やらで2000円くらいかけるんだと、新しいパッド買えてしまうんだよね。いい時代になったもんだ。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 | 20 || Next»

↑ PAGE TOP