農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

440 CDX へ Linux インストール

 さて、前に再生させようとがんばっていた古いノートPC。なんだかんだいってもWin98SEでもきっついので、Linuxをインストールしてサーバにしてみることに。

一応スペック。
TOSHIBA DynaBook Satellite Pro 440CDX
CPU:Intel MMX Pentium 133MHz
Mem:48MB
HDD:6GB,CD-ROM付き

 まずはLinux本体。これくらい古いと最近のLinuxをインストールしてもスペック的に厳しいかなと考えて、Amazonで古いやつを探してみました。
 適度なやつを発見。これならば、2000年くらいに出たやつだし、大丈夫だろうと。

 とりあえず本の推奨スペックを読んでみると、
CPU:Pentium 100MHz 以上
Mem:32MB以上
HDD:600MB以上

 おお、良い感じだねえ。これなら大丈夫か。
» 続きを読む



Linuxサーバの夢

 たまたま早く帰れた日。帰りに書店によって、ちと調査を。

 薄型B5ノートが手に入って、ほぼお払い箱となったSatelite 440 CDX ですが、どうにか使うとなると、Linuxでもインストールしてサーバとして使うのがよさそうかなと。
 外向けに公開しないWebサーバにして、ApatchとPHPとDBをセットアップして、試験用サーバにしたいなあと。

 で、LinuxのCD-ROMがついた入門本を探す。
 どうも現在の流行は、Fedora Core4あたりらしい。

» 続きを読む


古ノートと古ゲーム

 440CDXの利用方法をまた少し考える。

 古いマシンなので、古いゲームをそっちに保存して、ゲーム専用機として運用しようかなと考える。早速、数年前に遊んでいたゲームをそっちに移動してみた。

 とりあえず、数年前のゲームでもDirectXをバリバリ使うようなゲームはだめっぽい。液晶の表示速度がどうも良くなくて、画面がちらちらするわりに、ジョイパッドの反応が今ひとつなのでどうにも。

 それではということで、DOSのゲームを起動して見た。
 DOSのゲームをWin98マシンでやる時にネックになるのは、ゲームパットの設定。大体ノートにはUSB端子はあるけどゲームポート(MIDI)端子がついてない。USBにつないだゲームパットはDOSじゃまず認識しない。
 それと、グラフィックをバリバリ使う系は低解像度で色数が多い特殊なモードを使う場合があるので、ビデオカードがそれに対応していなかったら表示できなかったり、サウンドはサウンドでサウンドブラスター互換のものでないと音が出ない。

 とまあ、この辺のゲームをやろうとした時にうまく行かなかった経験を思い出したよ。そういえばこの辺のゲームをやっていた時は、情報を集めて対応していた周辺機器を導入したもんだ。ビデオカードはRIVA128ZX,サウンドカードはSB64AWE。当時はノートの液晶画面でゲームなんかやってられないとか言ってたなあ。

 こうなってくると古いゲーム用途にしようとしても今ひとつということか。環境だけでも整えるかな。

古ノートアップグレード手順とか

TOSHIBA DynaBook Satellite Pro 440CDX
初期スペック
CPU:Intel MMX Pentium 133MHz
Mem:32MB
HDD:1.4GB,CD-ROM付き
OS Windows95 OSR2

 これを元にアップグレードした手順をまとめます。
» 続きを読む

satellite pro 440CDX 機器設定完了

 月曜そうそう、3月までの仕事の予定が決まって凹み気味。でも仕事があるのは良いことだ。

 さてさて、Win98SEにして無線LANがついて、ほぼ使える状態になったわけですが、最後の仕上げというか、最後の機器の設定を。

 先週、オークションに参加したわけですが、無事落札&支払いが終了して、本日ブツが届きました。物は
・I-O DATA製 TO-DBA-32M(メモリ32MB)
 この時期になって、この出物は無いよ。というか、欲しがる人も居ないし。

 もともとついていた16MBのメモリを1つ外してくっつけて合計48MB。これだけでも反応がかなり向上。うむ。

 あわせて数日前に書いた、Card Busの件ですが、440CDXの場合、BIOSでスロットのモードを切り替える必要があったらしい。[ESC]キーを押しながら起動して、パラメータを[Card Bus/16bit]に切り替え。
 ちと"16bit"という文字が気になるけど、だめだったUSBカードを刺してみると...おおお、ドライバのインストールウィンドウが出てきたよ。でも、ドライバインストール中に固まって、その後もPCが非常に不安定に。うむむ。

 まあ出所不明の安物カードだったし、あきらめるか。
 そこまで終了したので、Windows UPDATEをかける。初回、PC時計が狂っていたことが原因でUPDATE ERRORが出たのだけれど、時計を合わせたら問題なくUPDATE完了。だけど、ダウンロードが少し遅い気がする。
 これとあわせて少しソフトのチューニングが必要かもね。


«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

↑ PAGE TOP