農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 16 | 17 | 18 || Next»

再インストール作業

 今日はお出かけの予定だったのですが、ひにちを勘違いしていたようで時間に空きが。じゃあ古いPCの再インストールを終えてしまうかね。午前中から早速作業に。

 60GBのHDDのパーティションを3つに分ける作業から。XPのディスクの管理から、基本領域2つと拡張領域1つに分けて古いPCにてWin98をインストール...スキャンディスクでエラー。どうも基本領域が2つあるとエラーが出るようだ。仕方ないのでWin98の起動ディスクからFDISKで基本1、拡張1の領域を作って3つのパーティション作成。そこから普通にインストールを。私のWin98はアップグレード版なので、途中でWin95のCD-ROMを入れろといわれたり。結構な時間をかけてWin98のインストール終了。その足でWin98SEへのアップグレード。ここまで結構な時間が。
 次にWinXPのインストール。WinXPってのは再インストールをすると再登録時にエラーが出るかもしれないとは聞いていたのだけれど、今回はまったく問題が無く。まあ、再インストールしただけで、PCの構成は変わってないもんなあ。

 OSの再インストール後は、チップセットのドライバをインストール→LANドライバのインストール→WindowsUPDATE→ビデオカード,その他のドライバのインストールという感じで。普通に終わるはずだったのだけど、Win98のドライバインストールで引っかかりつつ、全部の設定が終わったのはもう夕方。うんむ。

 さて、クロスゲートはDirectX8.0a以降が必要とのことで新しいPCのは9.0cを入れていたのだけれど、今回のPCにインストールしたXPには8.1がすでに入っていました。それじゃあということで、8.1の状態で2赤同時起動をしてみて、負荷がどの程度か調査してみました。
 古いPCでは2赤同時起動状態だと負荷100%だったのですが、DirectX8.1の環境でも負荷は100%でまったく変わらず。その上片方のウィンドウから音が出ないというおまけつき。そういえば両方のウィンドウの音が出るのは、DirectX9.0以降だったね。音が出ないのは困るので、結局9.0cにアップデート。

 データを全部古いHDDとバックアップしたHDDから書き戻して再インストール終了。60GBのHDD1つに統合終了。80GBのHDDは早速新しいPCのキャプチャ用ドライブへ。でも80GB位だと2時間半程度分しか取れないんだよね。まあしょうがない。



ちとはまりと動画作成

 ライド教習もそこそこに、いきなり更新が滞ってます。今週に入ってから仕事が忙しくなってきて、帰るともう寝る時間状態に。はあ。

 ドライバを変更してやっとPCが安定したのですが、まだ少しいじってます。現在新しいPCの主な使用目的は、古いVHSテープのキャプチャ&フィルタをかけてエンコード。エンコード作業はSSE3に対応しているPentium4のほうがAthlon64より速いと言われていますが、今までのCeleron800MHzで同じ作業をしようとすると10時間とかかかってしまうのです。それが3時間とかになるんで、やっと作業ができるという感じ。6時間以内で終了するなら、寝る前にエンコードを実行して寝ている間に終わるからねえ。

 しかし、キャプチャはHuffyuv形式でAVIファイルにしているため、非圧縮AVIファイルよりも小さくなるんですが、それでも2時間で45GBほどのファイルができます。これまで80GBとかのHDDをスカスカ状態で使っていて、250GBとかのHDDってなんに使うんだ?とか思っていたのだけど、キャプチャはじめるとHDD容量なんていくらあっても足りないね。現在80GBほどの空きがあるディスクじゃあキャプチャして編集していたらすぐいっぱいになってしまいます。新しくHDDがほしくなったよ。

 そんな感じなので、今古いPCについているHDDとあまっているHDDを再構成しようと画策中。新しいPCにはデフォルトでRAID機能がついているのだけど、これも使ってみるかなあ。

 作業していて思ったのが、キャプチャ&動画編集用途にするならばある程度それに特化した機器をそろえたほうがいいのかなってこと。寝ている間にエンコードするなら、静かな電源&静かなビデオカード、ノイズ対策機能が充実したキャプチャカード、大容量で速いHDDがあるといいね。うちにはどれも無いけど。


初日から

 なんだかあんまりお仕事してないのですが、時間だけは過ぎる感じで。早めの時間に帰ってこれました。

 ここからXGにログインしようかなと思ったのですが、新しいPCは今、動画の編集やら圧縮やらでフル回転してたりして。

 キャプチャカードで古いビデオテープからキャプチャ→CMとか不要な部分をカット→インターレス解除&フィルタをかけつつ圧縮→映像をチェック
 なんてことをやってると、どうにも時間が。
 XGは古いほうのPCでログインしたりするんですが、こっちはビデオカードが古い(TNT2)のでレスポンスが悪い。中古でやっすいビデオカードを買うか、新しいのを買うか悩むところ。我慢すれば描画1で2ウィンドウできることはできるんだけどね。一昨日はそっちで狩り放置と露店をしてたんだけど、どうしようかな。

 そんな感じで映像をチェックしていると、長い動画の後半ほど音ずれが発生していることが判明。うーむ、設定が足りなかったみたいね。私の新しい携帯では、2時間くらいの動画でも見ることができるんだけど、携帯で見ていた時に1時間の動画で1秒くらい音声がずれていることが判明。こりゃ変換のしなおしが必要だな。

 大体45分のビデオ動画にフィルタをかけてエンコードするまで1時間30分というところ。古いPCのときは5時間とかかかっていたからずいぶん速くなったもんだ。それを携帯向けに変換する作業が5~6分程度かな。最近のキャプチャカードだと、ノイズ除去やエンコードまではカードでやってしまうそうなのでもっと速いんだろう。まあでも、エンコードは寝てる間にさせておくから良いんだけどね。

 そんなことばっかりやってたらもう良い時間に。ログインもせずに。

デフラグ と スキャンディスク

 朝のうち、るーしぃさんにローブをつくりがてら、放置の準備をしたところでローレル側のウィンドウが強制終了。ありゃ。
 最近スキャンディスクもデフラグもかけていなかったので、ちょっとPCのメンテでもやっておくか。

 実はうちのメインマシン、ドライブがたくさんあります。リムーバブルHDDをつけて差し替え可能としているうえに、パーティションをいろいろ切ったりしてるからね。バックアップとかには楽なんだけど、これ全部スキャンディスクやらデフラグやらかけるのは大変そうだ。

 ドライブのプロパティからスキャンディスクをかけると、排他処理のウィンドウが出るドライブとでないドライブが。Win98とWinXPのディアルブートになっている影響かな。WinXPのメインドライブとデータドライブは、再起動後にスキャンディスクがかかるそうな。
 再起動後、結構な時間をかけてスキャンディスク。しかし、再起動が2回かかったときには無限ループかと思ったけど。

 そしてデフラグ。ここまでにすでに2hくらいかかってますが、これもまた時間が。NTFSになってるところは早いみたいだけど、FAT32のドライブはかなりの時間が...しかし、こんなにほっといたっけか。

 そんなこんなでエラーも無く終了いたしました。でも、こんなに時間をかけてもあんまり効果を体感できないのがあれなんだよね。

MP3 を聞きながら

 ジャンク扱いで買ったPocket Digital Audio(PDA-01)ですが、完全にポータブルCD代わりの物になっています。なんせ、胸ポケットに入ってしまう大きさなので。

 メディアにMP3ファイルの転送は、少し前に買ったUSBカードリーダーにて行っているので高速だけど、CDと比べてちと面倒かな。
 単4電池1本で、連続再生時間は4時間だそうです。わたしは会社へ行くまでの通勤時間が1h半ほどかかるので、電池1本で大体1日持つ感じ。ただ、電源を切っておいても待機電流が大きいのか、電池をはずしておいた方が長持ちするのだけどね。
 ちと、この電池の消費が激しいのが不満だけど、不満なのはそれだけかな。

 CDからMP3ファイルにするには、CDex(英語)というフリーソフトを使っています。評判が良いだけあって、使いやすい感じではある。今はCDからリッピングするときのファイル名は、ネットのDBから取ってきた曲名とかにしてくれるのね。時代は変わったもんだ。

 そんな感じで、ゴダイゴのCDからMP3にしたGANDHARAを聞きながら0時近くに帰宅。逃避したくなってきたよ。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 16 | 17 | 18 || Next»

↑ PAGE TOP