農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 16 | 17 | 18 || Next»

PC側のソフトの整理

 androidのスマホとGoogleアカウントを利用して同期とかやってると、PCの方も整理したくなってくる。特に、同期関係はfirefoxも充実していて、アドオンや標準機能についていたりする。
 そういう訳で、数日前に調整したthunderbirdと同じようにfirefoxも11にアップデート。そしたら、例のごとくechofoneのアカウントが消えた。互換性の問題か、ツイッターの認証の問題か、どうにかして欲しいところ。
 Syncのアカウントもとったので、WindowsノートのSS 1610にFirefoxをインストールして同期。アドオンとブックマークが一気にインポートされる。驚いた。

 windows7のデスクトップカレンダーでgoogle カレンダーとの同期ができる奴があったので、それを追加でインストール。
 LilyCalendar
サクラアップス - ホーム

 そして、わけのわからなくなっていたデスクトップのショートカットやアイコンたちを、フォルダに移動。windows7は標準ではXPのようなQuicuLanchはない。
 なので、ツールバーを右クリックしてメニューを出して[ツールバー]-[新規ツールバーの追加]で、ショートカットを保存したフォルダを指定。
 これで、Windows XPのQuicuLanchのような機能が実現。

 しかし、綺麗なデスクトップになってしまうと、とても寂しい感じ。慣れの問題かなあ。



PCのメーラとAndroidの電話帳

 ふーむ。バックアップしておいた921Tのメール、eml形式に変換してPCのメーラのthunderbirdで読み込めた。
 インポートとエクスポートは、以下のアドオンを使用。
ImportExportTools :: Add-ons for Thunderbird

 ついでに、家のアドレス帳と携帯のアドレス帳を統合してGmailの連絡先に登録。その後、Thunderbirdのアドレス帳と同期した。これで携帯と家のメールが一元管理になった。
 同期に使ったのは、以下のアドオン
Google Contacts :: Add-ons for Thunderbird

 携帯のカレンダーは「ジョルテ」を使用。これで、Googleカレンダーと同期させて、Thunderbirdのカレンダーアドオンlightningと同期させた。
 同期とカレンダーは以下のアドオン。
Lightning :: Add-ons for Thunderbird
Provider for Google Calendar :: Add-ons for Thunderbird

 だんだんこう、移動時の環境と家の環境が共通化されてきた。ノートPCにも同じようにセットアップすればよさげ。
 Android x86 4.0をインストールしたPCはdignoと同一環境にしてしまえばそれも面白いのだけれど。

 あと、初めてDIGNOで有料アプリ買ったった。お支払は電話代と一緒に。
g電話帳Pro - Google Play の Android アプリ
 この決済は、au簡単決済をつかったのだけれど、wifiではエラーで出来なかった。結構3G使わないとできない手続き有りそうだな。


Dropbox のセットアップ

 以前から気になっていたストレージサービス、DropBox。アカウント取ったり手続きがちょい面倒かなと思っていたのだけれど、意を決して登録してみた。

 登録は簡単で、まずはPCからソフトをダンロード。
Dropbox のダウンロード - Dropbox
 インストールしてアカウント設定を終えると、デスクトップにショートカットが出来て使えるようになる。
 普通のフォルダと同じような感じだ。無料アカウントなので、容量は2GB。
 チュートリアルを見たり、練習をしたりすると、そこから容量が増える。

 インストールした目的はスマホのDignoとのファイル共有なので、Digno側でもソフトをインストールして設定する。
 こちらはちょっとPCとは違って、最初に画像のアップロード手続きがある。少しの間ネットワーク通信があって、それを終えるとPCで設定したのと同じフォルダの内容が表示される。
 携帯端末でも設定をしたので、最終的に容量が2.8GBまで増加した。動画を扱うことも無いだろうから、これで多分十分だ。

 面白いのがカメラとの連動機能。今まで携帯で撮った写真は定期的にUSB接続かbluetooth接続でPCにコピーしていたのだけれど、これからはスマホからDropBoxで「送信」とやればアップロードされて、設定したPCからはいつで見られる。とても便利だ。
 あとは、他のノートPCでも使えるようにすればいいな。

現状維持かスマホにするか

 一本化を考えていたWiMAX対応のスマホ、EVO返却してきた。WiMAXのテザリングはうちでは悪くはないが素晴らしくはないかんじ。契約するならAU光と組み合わせるのが理想だろう。
 モバイルルータは、今一番話題なのはSoftBankの007Zのようだ。速さの割に基本料がやすい。
 うちの固定回線と合わせるならAUのデータ回線やらが相性良いんだがな。今となってはADSLは高い部類なので、回線をNTTに戻して他の会社にするって手もあるけど。
 地デジ化の屋内配線を安くするために一時期ケーブルテレビにしたけれど、ケーブルテレビのネットは速さの割に値段たかいしな。全部引っくるめて、真面目に計算しないといけない。
 単純に現状維持で、親の携帯をAU Eプラン+WI-FI WIN にしてADSLの割引とおうち電話の割引受けて終わりにするだけでも良いような気もする。

 現状維持するとすると、例えば940SHでGmailとPCとのファイルの共有ができれば随分スマホ使ってるのに近くなるはず。
 GmailはWeb版が携帯で使える。PCとのファイル共有は大きいのは無理だけれど、メモはEVERNOTEを使う。
すべてを記憶する | Evernote
 携帯で気がついたものをメモとして保存。保存したメモは、WEB版のEVERNOTEで見る。
 PCからも出し入れすれば、共有データベースとして使える。

 ちょっと、この2つを使って見るか。

AUのWiMAXスマホレンタルとGoogle Appsで独自ドメインメール

 家のネット環境とスマホとでパケット通信を一本化するため、まずはGoogleアカウントをとってG-Mailに慣れておく必要があるかなと。
 じつは、持ってるWebサイトのドメインを統一しようかなと思って取ったまま、1つのサイトだけ立ち上げた独自ドメインがあるので、それをG-Mailに関連付けようと。
 関連付けるには、Google Appsというのを使うそうだ。
 このページを参考に設定。
Google Apps 独自ドメインで自分だけのメールアドレス
 Google Appsの無料版は、独自ドメインのアドレス登録は10個までだそうだ。普通なら足りそうだけど、不足するならサブドメインを使って他のサーバ使うことを考えよう。
 あとは、本当に移行するときになって皆様に知らせれば良い。スマホにすれば、メールも一元管理できるはず。

 次、AUショップに行って、+WiMAXとテザリングに対応した携帯をレンタルしてくる。
 貸してくれたのはこれ。
HTC EVO WiMAX ISW11HT
 どのように扱っても結構ですと、電池が3個とアダプターと説明書も貸してくれた。早速持って帰ってきていじってみたら、設定メニューからサクサクっと設定がわかる。こりゃいい感じ。
 で、PC側に設定をして、WiFi接続。テザリング状態でMAXで6Mくらい出たり、1M以下になったりとても不安定。満足できるのか、疑問な感じ。
 室内に弱く、窓際の方がいいというけれど、うちは木造なのであまり影響はないみたい。本体の置き場所で速度が安定するならいいのだけれど、そういうわけじゃなく微妙な感じ。

 次にUSBテザリング。どうもこれ、ドライバが上手く入らなかったようで、なんかつながったり外れたりと挙動が怪しい。大体最大で8M程度まで出そう。
 EVO単体でのスピードテストでは10Mを超えるときもあって、速いことは速い。でも不安定。

 うーん、これじゃあ家の回線の置き換えには不安があるな。最新機種ならば改善はされているのだろうか?
 今後人気が出て、WiMAXを使う人が増えればどんどん遅くなるんだろうしな。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 16 | 17 | 18 || Next»

↑ PAGE TOP