農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

古ノートアップグレード手順とか

TOSHIBA DynaBook Satellite Pro 440CDX
初期スペック
CPU:Intel MMX Pentium 133MHz
Mem:32MB
HDD:1.4GB,CD-ROM付き
OS Windows95 OSR2

 これを元にアップグレードした手順をまとめます。
・メモリ交換
 メモリの最大は合計64MB。メルコ製,IO-DATA製の出物が多少あるかもしれない。
 メルコ:T6-32M
 IO-DATA:TO-DBA-48M
関連記事
 今回、TO-DBA-32M(32MB)のメモリを手に入れた。(オークション、1000円で落札)

 メモリの交換手順は、
  • PCを裏返し、バッテリーとCD-ROMドライブをはずす。

  • 正面側の3箇所のねじをはずす。

  • PCをひらき、キーボードの下側の表面を手前側に引き、カバーをはずす。

  • メモリスロットにある16MBのメモリを、新しいものと交換。

 内蔵分で16MBが別にあるようなので、32MBのメモリを追加して合計48MBになりました。
関連記事

・旧環境の整理とアップデート
 Win95環境からWin98SEにアップグレードする前に、いくつかの準備を。
 TOSHIBA PC サービス&サポートから、最新のBIOSやソフトウエアをダウンロードし、アップデート。
 このとき、東芝ツールは手順を間違えるとはまるので、気をつける。

 HDDの交換や新規インストールのときに困るのは、内蔵のCD-ROMのDOS用のドライバが起動FDに入っていないとDOSから見えないこと。
 リカバリーCDと付属FDがあれば大丈夫なんだけど、無い場合には以下のように作成する。
  • 通常の手順で、Win9x用の起動FDを作成

  • HDD内のTOSUTILSディレクトリにTOSCDROM.SYSファイルがあるので、それを作成した起動FDにコピー

  • 起動FDのconfig.sysに、「DEVICEHIGH=TOSCDROM.SYS /D:OEMCD001」の行を追加

  • 起動FDのautoexec.batに、「MSCDEX.EXE /D:OEMCD001 /L:H」の行を追加

 これで、このFDを使って起動するとCD-ROMを使うことができるので、Win98を新規インストールすることも可能になります。

・HDDの交換とバックアップ
 HDDの交換はメルコのページ、TOSHIBA|DynaBook Satellite Pro 460の場合(440も共通)が参考になる。
関連記事

 このPCでは、Biosをアップデートしても8GBまでのHDDしか認識しない。
 新しいHDDは、Toshiba製 6GB HDD MK6014MAP (新品:2980円で購入)を使用。

  • 新しいHDDはFDISKで領域を確保し、6GBを1パーティションでフォーマット(FAT32)

  • 旧HDDの内容をそのまま新しいHDDにコピー(HDDはデスクトップPCにUSB接続して作業)

  • 新しいHDDを440CDXにつける。

 この作業はWinXPで行ったのだけど、このままだと起動しない模様。もともとのWin95の環境がFAT16だったためかもしれない。
 でもとりあえずは無視で次の作業へ。

・Win98 upgradeのインストール
 2つ前の作業で作成した起動FDとWin98のCDにてインストール作業。
 ちなみに、FDドライブは440CDXの付属のものではなくToshiba ZA1215P02 FDD(中古 薄型FDD 1980円で購入)を使用。
関連記事

 起動しなくてもHDDにWin95のシステムがインストールされていることは認識するようなので、ただ待つだけでインストールが終了します。

・Win98SEのインストール
 このインストールCDはWin環境でしか動作しないので、Win98が無事起動することを確認してからのインストール。
 ここまで問題がなければ、あとはまったく問題無し。
関連記事

 インストール後、LANカード,モデム等でネットに接続し、Windows Updateをかける。このとき、日付の設定が間違っているとエラーが出るので注意。

 うちでは、I-O DATA WN-B11/USBH USB接続11Mbps無線LANアダプタ(中古 1980円で購入)を使用。メルコのルータとあわせて使っています。
 このPCでPCカードを利用する場合、最近のCard Bus対応カードは初期状態だと使用できないようなので、BIOSの設定でPCカードのモードを変更する必要があります。


現在のスペック
CPU:Intel MMX Pentium 133MHz
Mem:48MB
HDD:6GB,CD-ROM付き,FDD外付け
OS: Windows98 SE
インターフェース:無線LAN,赤外線ポート,USB1.1×1
 ソフト関連のチューニング等はまた後日。


関連記事[ノートPC

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP