農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

Linuxサーバの夢

 たまたま早く帰れた日。帰りに書店によって、ちと調査を。

 薄型B5ノートが手に入って、ほぼお払い箱となったSatelite 440 CDX ですが、どうにか使うとなると、Linuxでもインストールしてサーバとして使うのがよさそうかなと。
 外向けに公開しないWebサーバにして、ApatchとPHPとDBをセットアップして、試験用サーバにしたいなあと。

 で、LinuxのCD-ROMがついた入門本を探す。
 どうも現在の流行は、Fedora Core4あたりらしい。

 その本屋には、1年前に発売されたFedora Core2の本も売っていたので何が違うのか読んでみたら、なんと、カバーの色とバージョン以外の本文はほとんど一緒だったりして。そういう売り方で良いのか?

 しかし問題となるのはスペック。いまやLinuxとはいえ、Celeron400MHzくらい欲しいとか書いてある。440CDXはMMX Pentium 133MHzだもんね。どうにもならん。

 こうなると、ネットで少し古いLinuxを見つけてインストールするしかないのかなあ。


関連記事[Linux

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧
前後の記事 - [Linux]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP