農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

440 CDX へ Linux インストール

 さて、前に再生させようとがんばっていた古いノートPC。なんだかんだいってもWin98SEでもきっついので、Linuxをインストールしてサーバにしてみることに。

一応スペック。
TOSHIBA DynaBook Satellite Pro 440CDX
CPU:Intel MMX Pentium 133MHz
Mem:48MB
HDD:6GB,CD-ROM付き

 まずはLinux本体。これくらい古いと最近のLinuxをインストールしてもスペック的に厳しいかなと考えて、Amazonで古いやつを探してみました。
 適度なやつを発見。これならば、2000年くらいに出たやつだし、大丈夫だろうと。

 とりあえず本の推奨スペックを読んでみると、
CPU:Pentium 100MHz 以上
Mem:32MB以上
HDD:600MB以上

 おお、良い感じだねえ。これなら大丈夫か。
 早速CDをセットしてインストール。Win98の領域はまっさらにして、完全にLinuxオンリーにすることに。

 待つこと1時間ほど。インストールは無事終了。早速Loginしてみると....画面がおかしいね。X windowの画面にすると、画面がちらちらちらちら。
 Xの設定だと思って、Xconfiguratorを実行していろいろな設定を試してみると、どうにも復帰不能みたいな乱れ方になったりして、一向だめ。やっぱ、古いノートでGUIはだめか。
 結局夜までかかっても一向に改善せず。だめだね。でも、画面以外は特に問題なさそうな感じ。

 次、ネットワークの設定。東芝のPC-LANカードはそのままでは認識せず。ドライバが無いんだね。
 というわけで、東芝Linuxのダウンロードページから、LANCT00A用のドライバをゲット。
 しかしここで、ネットワークにつながってないのに、どうやってこれをPCに移すんだ?

 うーん、とりあえずFDをつないでFDからコピー....
 FDドライブ、どうやって使うんだ?→ネットで検索
 DOSのフロッピー読めないけどどうすんだ→ネットで検索
 tar.gzってどうやって使うんだ?→ネットで検索。

 ぬああ、やってられん。
 とりあえずLinux上でドライバファイルを解凍してみると、どうもこれをmakeしたり何なりしなければならないらしい。付属のREADMEファイルには、
「普通にmake config、make all、make installしてください。」
 と書いてある。普通にってなんだよ。

 手探りで進めてみたけど、結局エラーでまくりで認識せず。ううむ、Linuxで使えるカードをどこかで調達した方がはやそうだな、これ。


関連記事[Linux

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧
前後の記事 - [Linux]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP