農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

phpMyAdminとNucleusのインストール

 農場主の日常 Vine Linux へ PHPとMySQLセットアップにてセットアップした、satellite 440 CDX ですが、Nucleusのローカル試験環境にするには、MySQLの操作がブラウザ上からできるようになる、phpMyAdminがインストールされていた方が有利だなと思っていたのですが、時間が空いてしまいました。

 まずは、phpMyAdmin の導入 - データベース ( MySQL ) - 自宅サーバーの構築 - 自宅サーバーでやってみよう!!を参考に、web経由でphpMyAdminをダウンロードして解凍。
 satellite 440 CDX は、CPUがMMX120MHz程度なので、Vine LinuxはCUIで動作させているのだけど、それでも問題なく。
 そのページでは、
設定ファイルは、
[ /home/phpmyadmin/ダウンロードしたディレクトリ/config.inc.php ]
です。続けてコマンドライン端末から作業を行います。
 と書いてあるのですが、そのconfig.inc.phpというファイルが見つからない。どうしようかと思ってGoogleで調べてみたら、
Toyoaki's PC: phpMyAdmin 2.8系の設定
 というページを見つけました。なんでも、phpMyAdmin2.8系から、このファイルが廃止されたらしい。とりあえずそのページの
libraries/config.default.phpってファイルがある。これがconfig.inc.phpの元なのでphpMyAdminの/にconfig.inc.phpとしてコピーして適当に編集すれば完了(^_^)。

 参考に設定し、問題なく動作することを確認しました。

 そこから早速Nucleusのインストール。
 MySQLのデータベース作成とユーザー作成
 を参考に、MySQLへユーザの追加を行った後、Nucleus(JP)フォーラム :: フォーラムを表示 - コアファイルのダウンロードから、サクラふぁーむで使用中のVar 3.21をダウンロードしてインストール。アクセスしてみると....問題なくNucleusの画面が。思ったより設定は簡単だった。
 週末から連休にでも、新サイトの立ち上げを考えるかな。


関連記事[phpMyAdmin

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧
前後の記事 - [Linux]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP