農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

AviUtlでゴーストリダクションフィルタを使う

 取り込んだ映像をチェックしていて思う。うちの電波受信状況はひどかったんだなと。
 濃い薄いはさまざまなのだけれど、結構はっきりとしたゴーストが映像に入っている。
 AviUtlのゴースト除去フィルタでは、映像の右側に出るゴーストは除去可能なのだけれど、うちのに出ているのは左側。理論的にありえないとか書いてるページもあるのだけれど、実際に出ているものはしょうがない。

 以前、使い方が良くわからない(使うと画面が暗くなる)のでつかわなかったのだけれど、今回再度試用してみることにする。ダウンロードしたページはすでにないようだ。

・まず、強さをかなり強めにして、位置をずらしていく。
・ゴーストの位置とゴースト除去用映像の位置が一致したところで、強さを調整。
・一番ゴーストが弱くなるように調整したら、ありとなしを比較して、ゴーストが弱くなっていることを確認。

 結局のところ、通常の映像から明るさ信号を取り出して画像にずらして重ねるという処理だから、画面の明るさがかけないときに比べて暗くなる。これとあわせて、明るさ調整プラグインを使うことになる。

 そんな感じで、わりと満足がいく動画と、どうにもならない動画の2種類あることがわかる。フィルタの特性上、明るさのゴーストしか低減できないので、濃い色のゴーストが出ているものはどうしても残ってしまうようだ。
 まあでも、そこそこ消せたので、よしとしよう。


関連記事[AviUtl

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP