農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

DivX コーディックの削除

 AVIファイルを選択したとき、エクスプローラーが落ちる現象について、調べていたところ、新しくインストールしたコーディックが悪さをしているという情報を入手。
 結局のところ、悪さをしているのはDivX 6.8のコーディックのようなので、こいつを削除してみる。

 コントロールパネルのシステムから、ハードウエア→デバイスマネージャーの中の、サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーのなかから、ビデオ CODECを選択。
 プロパティに、DivX 6.8.4 Codecがあるのでこいつを削除。

 再起動して、DivXで圧縮されたAVIファイルを再生してみると、なぜかDivX 5で圧縮されたことになって、起動の重さや終了後の重さもなく、問題ない状態に。
 再度ビデオCODECを見てみると、DivX 6.8.4は存在するのだけれど、問題はなくなったので、このままで。

 Webで調べた限りでは、DivX 6は重かったり、へんなツールが立ち上がるのがイヤでDivX 5にしている人が多いようだ。
 エンコは多分DivX 6の方が速いので、5にするのはいやだけど、問題無いようだし、このままで。


関連記事[DivX

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP