農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

LaVie L LL800R/74DHの液晶の移植

 さて水曜日。早めに帰ってこれたので、早速昨日の作業の続きを。
 ものは、NECのノートパソコン。「LaVie L LL800R/74DH」。

キーボードを外したところ。
 まずは、ネットで調査した情報をもとに分解。
 情報はそのままずばりの機種はなかったので、同型外観を持つ機種を調査。同型機は、
Lavie L
LL500/1D , 2D LL550/3 , /4D 
LL700/2D LL730/5D
LL700R/73DH , /74DR
LL800R/74DH , /84DH

 のようだ。
IO-DATA Lavie L HDD交換

 HDDを外す場合にはキーボード側の4つのねじを外すのだけれど、液晶パネルを外す場合は、液晶側のねじを外す必要がある。その前に、キーボードの上にある電源ボタンパネルを外さねばならない。
 このパネルは、右側から左方向に強く押すと外れる仕組みになっている。勢いあまって基板と接続しているフレキシブルケーブルを傷つけないように注意。

 外れたら、フレキシブルケーブルが接続されているコネクタからケーブルを外す。外し方は、コネクタの可動部品を上に持ち上げるようにすること。無理に外さないよう。

 パネルが外れたら、液晶画面と本体がつながっているちょうつがい部分のカバーを外す。爪で止まっているだけなのでゆっくり持ち上げるようにすれば外せる。
 外れたら、本体基板にコネクタでつながっているケーブルを外し、ねじ止めされている基板や線も外す。両面テープで止まっている線も外す。
 一通り外れたら、裏面のねじを外すと本体下部と分離が可能になるので、傷をつけないようにゆっくりと本体から引き抜く。

 あとは逆のパターンで、組み上げればよろしい。

 で、液晶部分だけど、まったく問題はなかったよう。本体のねじが若干変わっていたのは、製造時期の問題だろうか?

 動作確認をしたので、ついでにメモリも増設して父親に引渡し。さて、余った部品はどうするか。オークションに出すというのも考えよう。





関連記事[液晶

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP