農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

SS 3430のメモリ増設とMemtest86+

 最近、Dynabook SS 1610を手に入れたので、古いB5ノートの SS 3430が不要になってきた。
 それはオークションで処分するとして、オークションに出すとすると、少しチェック体制を整えねばならない。

 まずはメモリ。今のところ、買ってきたら刺して、認識して問題なければ良いなと思っていた。

 メモリのチェックツールはこれ。
Memtest86 - Advanced Memory Diagnostic Tool
 一般的にメモリのテストツールはこれが有名。

 早速、眠っていた古いメモリをSS 3430に刺してチェック。テストの前に起動チェックをすると、問題なくWin 2000が立ち上がって、容量も認識している。
 次に、FDDにMEMTEST86+を入れたFDを入れて立ち上げる。テストが始まって、少したつと、64MBを超えた地点で画面が真っ赤に。メモリエラーだ。
 SS 3430の内蔵分は64MBなので、増設分に問題があるということ。

 ちょっとびびって、もう一度メモリを刺しなおして再度チェックをすると、今度は青画面のまま問題なく「Pass」の文字が。
 メモリ容量が多くなるとそれなりに時間がかかるらしいけど、メモリを増設したらチェックするのは良いかもね。


関連記事[メモリ

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP