農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

SS1610をSSD化

 楽天に注文していたSSDが届いた。早速Dynabook SS 1610をSSD化してみよう。
 SS1610はS-ATA対応ではないので、IDE対応のSSDを購入。

 でも、そういうSSDはコントローラーがいまいちでプチフリーズするという問題や、容量が小さいという問題があるらしい。もしやるなら、小型のSSDが入っているS-ATA対応のSSDを分解して、変換コネクターをかませるそうだ。

 まあ、まずはやってみようということで。
 再インストールしても良いかなと思ったけれど、どうせなら今ある環境をそのまま移す方法を取る。
 コピーにはこれ、

 ただこのTrueImageには、「現在のHDDのパーティションサイズより大きいディスクにしかバックアップできない」という難点がある。
 現在80GBのHDDなので、32GBじゃあ小さい。どうするか。

 HDDの空きは十分にあったので、まずは、フリーのパーティション変更ソフトをインストール。それで30GB程度にパーティションを変更後、TrueImageでバックアップ。最後にSSDに書き戻す。
 その手順で問題なくSSD化終了。

 起動してみると、気持ち悪いくらいに無音。そして、起動が速い。メモリもそこそこあるとはいえ1GBなので、SSDへのアクセスを抑えることはできないけれど、たまに使う分には寿命も何とかなるだろう。

 あと、電池切れで毎回起動時に時計を合わせなおしていた件。今回の作業で4時間ほどコンセントを刺しておいたら、充電されて電池が効くようになった。軽いし、もう何年も使うことにしよう。


関連記事[SSD

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP