農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

Dynabook SS 1610/1620 のマザボ交換と無線LANの移植

ジャンク1620
 さて、落札したジャンクのDynabook SS 1620。PenM 1.2GHz無線モデルで、マザーボードは起動確認済みだけれど、液晶なし、HDDなし、キーボードなし、筐体のプラスチックに割れありで1200円ほど。
 今回は、CeleronM、無線無しモデルの1610のマザーボード交換がメインなので、起動するならまったく問題が無い。全部のねじとツメをはずさねばならんけど。
 ついでに、落札した完動品の1620の傷の多い筐体部品も交換することに。

開いたところ
 裏のねじすべてと、パームレストを止めているねじを全部はずしてパームレストを取り外すと中が見れる。CFのダミーカードがついているのはラッキーだけれど、ファン周りをはじめとして結構なほこり。どうも、かなり使い込んだもののようだ。エアダスターとスライムでできるだけきれいに。
USB基板とアンテナ
 無線LANなしモデルに無線LANをつけるには、単純に無線LANカードを移植するだけじゃなくて、ON-OFF切り替えスイッチのついたUSB基板と、筐体内部に這わされているアンテナも移植する必要がある。
 Dynabook SS 1610系への無線LAN増設は、USB基盤のことを忘れて失敗という例がいくつもあるので、結構重要。
アンテナ
 アンテナの先は、上半身の上のところまでついているので、そちらも分解する必要がある。ねじはちょうつがいのやつははずさなくてOK。横4箇所と、上のゴムにかくれた3箇所をはずせばOK。でも、アルミテープで止まっていたので、今回はこの上面パネルごと移植することにする。
USB基板
 そしてこれが問題のUSB基板。左の無線LANモデルには、切り替えスイッチと表面実装のLED、小さな部品数点が追加されているようだ。どこかを抵抗などで短絡すれば、無線LANモデルではないものでも無線LANが使えるようになるらしいけれど、詳細不明。
 ちなみに、無線LAN無しモデルの筐体でも、スイッチとLEDを出す穴は開いているので、プラスチックのスイッチ部品を付け替えれば使える。
アンテナ押さえ
 微妙に忘れてはいけないのが、このアンテナ押さえようの部品。アンテナの中継基板を下半身に固定する部品なのだけれど、両面テープで貼り付けてある。これも丁寧にはがして移植。
 すべて部品を移植したらくみ上げ。電源を入れて立ち上がるまではどきどきだが、立ち上がったら音やLANやUSBが正しいか、不明なデバイスが無いかをきちんと確認。とりあえず問題なし。celeronM 900MHzが、Pentium M 1.2GHzになっていることを確認。無線は、ドライバをインストールして確認。パワーアップだ。
3台分
 もう1台のSS 1620の部品も交換して組みあげ。HDDが認識しなかったり、音が出なかったりしたけれど、コネクタの付け忘れやフレキシブルケーブルを刺しなおしたらOKに。フレキシブルケーブルは、中途半端なつけ方もだめだけれど、あまり奥まで刺すのもだめなようだ。
 ジャンクの方は、celeron M 900MHzになって、筐体がかなり傷だらけになったけれど、これはオクにでも流してみるかな。
 そういえば、Windowsのプロダクトキーがついていたけれど、これは使えるのかな?後日確認してみよう。


関連記事[1620

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP