農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 33 | 34 | 35 || Next»

駅から最短徒歩3分のホテルや宿の検索サイト 復活

 だいぶ前、2015年のxreaのサーバの大幅更新から、表示出来なかった古いサイトを復活させた。
【駅から3分】ネットで予約!駅から最短徒歩3分のホテルや宿の検索サイト

 復活といっても、何かを変更したわけでもなく、全くそのまま移行できた。
 少し内容を振り返ってみる。

» 続きを読む



Yahooのテキスト解析APIを使ったキーワード抽出

 AmazonとGoogle関係のAPIを更新したり調査したところで、次の修正を行ってみる。
 当ブログは、2006年に開始したのだけれど、当初の一般家庭のネット環境はADSL中心で転送速度が遅かった。そのため、画像などの大きなファイルは極力使用しないよう構成してきた。
 現在は光が主流になり、スマホの高度化もあってwifiでの通信も行われるようになった。
 そうなると、テキスト中心の文化からアイコンや画像を多用した目を引くサイトが主流となってきている。

 Yahooなんかを見るとわかるとおり、関連記事の表示には必ず小さなサムネイルがついている。うちのサイトは当初Yahooの関連記事表示を参考にしていたのだけれど、今となっては全然違うようになってしまった。
 そこでまずは、関連記事表示を充実させるべく、記事のキーワード抽出を何とかすることにする。
 
» 続きを読む


Amazon APIの仕様変更への対応

 更新再開したこのブログ、NP_Amazonの画像が出ない問題は、以下のAmazon APIの仕様変更に起因する。
"2019/01/23 - Product Advertising API 利用ポリシーの変更について 変更内容について Product Advertising API (以下PA-API)ではこれまで全てのお客様に初期状態にて1秒間に1リクエストのサービス提供をしてまいりました。 2019年01月23日よりこの条件を変更し、過去30日以内の発送済み売上商品が発生している場合、1日のリクエスト上限を8,640リクエストとし、追加の日次リクエスト可能数の上限を毎日動的に変更する下記仕様といたします。 初期リクエスト可能数 : 1日あたり 8,640リクエスト(API利用開始より60日間) PA-APIより取得した商品リンクより発生した、過去30日間の発送済み商品売上$0.05(日本円で約5円)ごとに1リクエスト追加 1日の最大リクエスト可能数は、1日あたり864,000リクエスト 売上実績の発生がない場合は、PA-APIの利用開始はできません。 また、発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます。 なお 、Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用についても、先に挙げた条件が適用となり、売上実績が必要となります。"

アソシエイト・セントラル
 要は、リンクから商品が売れてないサイトの場合、APIを使用不可とするよ。
 1日に使用できる回数も、売り上げに伴って調整するよということ。うちのサイトの場合、買ったもののデータベースとして使用していたので、売り上げはほぼ0。なので、絶望的ということに。
 というわけで、楽天に乗り換えることを検討した。

» 続きを読む

2020年時点のサイトの調整

 仕事が忙しくなったり、異動があったりして、スパムコメントの消去くらいしかしていなかったWebサイトですが、いろいろ確認していたらどうもプラグイン関係で不具合が出ていた模様。
 少し調査しました。

NP_Amazonの画像が出ていない


 一番の問題はこれ。Amazon関係の画像が全く表示できなくなっていた。
 調査してみると、どうもAmazonのAPIの仕様がずいぶん前に代わっていたらしい。
 そして、Amazonのポリシーを見ると、売り上げの上がっていないページにはAPIを使わせないとか書かれている。

 これまで放置していただけあって、アクセスはほぼなくなっていたし、うちのサイトからAmazonの商品を買ってくれる人などほぼいないので、どうにもならない。
 仕方ないので、リンクを楽天のものに変更することにする。手動で。
 これは、ぼちぼちやっていくしかない。

 ほかにもだいぶ問題が。
 
» 続きを読む

xreaの大規模サーバアップデート

 2014/12から、私が借りているレンタルサーバのxreaで、大規模なサーバのアップデートが始まった。
XREAサーバー Apache/PHPのバージョンアップメンテナンスについて | 無料ウェブサービス XREA.COM

 以前の記事で告知していた通り、予告は2012年ごろから。2012年5月には全サーバを終えるという話だったはずなので、まあ3年近くかかったわけか。
xrea内でのサーバの移転【農場主の日常】
 私も気が付いたのは2015/2月ごろ。サイトが表示されなくなって初めて気が付いた。
 さすがにこのままでは問題があるので、もとに戻す作業を行うことにした。

サーバの復旧手順


 まずは、xreaのサポートフォーラムで書いてある方法によって、復旧を試みる。(mysqlを使用している場合)
【公式】XREAサーバー:最新の環境へのアップデートメンテナンス関連
  1. ftpソフトなどでサーバに接続。「DB_BACKUP_XREA_UPGRADE」フォルダに移動。
  2. フォルダ内にある「mysql_*.dump」(*は、データベースのユーザ名)をダウンロード
  3. ブラウザでxreaのサーバ管理画面(CONTROL PANEL)にログイン
  4. 管理メニューのデータベースをクリックし、MySQLの追加・編集で、データベースを作成
  5. データベース作成後、ftpソフトなどでサーバに再接続。ダウンロードした「mysql_*.dump」ファイルを「mysql.dump」ファイルに名前を変更し、サーバのルートにアップロード
  6. ブラウザで開いているxreaのデータベース画面から、「復元」を実行
 メンテ前のデータベースのバージョンが新しく、保存されている文字コードがutf8であれば、この手順で問題なくサイトが表示されるようになる。
» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 33 | 34 | 35 || Next»

↑ PAGE TOP