農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

過去の記事:June 2013

外国のコインの処分

 海外旅行で余ったコイン、どうしていますか?
 帰ってくるときにちょっとしたお土産で使い切ったり、空港の募金箱に入れてきてしまえばよいのだけれど、何となく持って帰ってきたりしたり、微妙に使い切れなかったコイン。
 帰ってきてすぐならばお土産にあげてしまえばいいけれど、日が経つとどうにも微妙。
 日本円に替えるにも、硬貨は扱っていなかったり。

 調べてみると、外国のコインで募金できるところがあるらしい。
ユニセフ外国コイン募金(外貨のご寄付)| 日本ユニセフ協会
"お近くの三井住友銀行、JTBグループ、日本航空、毎日新聞社でもユニセフ外国コイン募金箱を設置しています。(一部取り扱っていない支店・支局もあります。)店頭にて、募金箱へお預けください。"

 最寄りの三井住友銀行には募金箱はなかったけれど、JTBの代理店に行ったらテーブルに置いてあった。
 ちゃりーんと募金。日本円にしたら数百円だろうけれど、何かに役立つといいか。



シュレッダーのお手入れ

 うちでは2000円くらいで買ったアイリスオーヤマのハンドシュレッダーを愛用している。

 電動ではなく小型で、CDとカード対応。クロスカットできると、安物ながら機能性は上々。
 ここの所の書類の処分で、ずいぶん手回しハンドル部分がへたって、プラの部品が抜けるようになったのと、どうも回すのが重くて切れ味が悪くなった気がする。

 そういうわけで、お手入れをしてみることにする。
» 続きを読む


ガラクタ捨てれば自分が見える

 ここまで片づけを進めてきて、一息つきながら。部屋の配置を考えながらネットで風水本を探そうと検索していたら評判のよさそうな本を見つける。カレンキングストンのガラクタ捨てれば自分が見えるという本。

 なんでも、風水書いてはあるけれど、ガラクタを捨てることのモチベーションを上げるのに役立つ本だということ。
 読んでみると、著者の人柄が少し伝わってくる感じが。片づけのコンサルタントもやっているようで、いろいろと共感できるところが。
 中でも売りは、家の中(あるいは部屋)を9個のエリアに分けて、意味を持たせていること。そのエリアにガラクタがあると、対応する運気が停滞するとか。
 片づけの前、私の部屋はほぼ中央のエリアと中央上、右下のあたりはましだったけれど、それ以外はガラクタの山だった。ましなエリアは、「社会的信用」「健康」「友人」ガラクタが特にたまっていたのは、「繁栄・幸運・財産」「家族」「職業・人生」。
 ガラクタなりを捨てたことで、幸運や職業の運気が向上するならばいい感じだわな。

VIERA(ビエラ) TH-20LX60用リモコンが壊れた

 うちの親が使っているテレビは、VIERA(ビエラ) TH-20LX60。
 このテレビは昔うちの部屋で使っていたのだけれど、新しいテレビ(REGZA 19R9000)の視野角が狭いので、親に使ってもらている。
 買ったのは2007年2月。6年くらい使っているのか。
 テレビが届いた【農場主の日常】

 ある日親から、電源は入るのだけれどボタンが効かなくなったと相談を受けた。
 とりあえずリモコンを分解して接点を掃除しても復活しないので、新しいリモコンを買うことにした。
 こういうリモコンの在庫は昔はメーカー問い合わせだったのだけれど、今は楽天でも手に入るんだな。

 2000円前後で納品まで1週間以内。
 新しいリモコンは問題なく動作するし、まだまだこのテレビも使えそうだ。

ドリームキャストで使用していたID(isao.net)の解約

 昔のゲーム機に、ドリームキャストという、SEGAのゲーム機がある。
 当初インターネットが普及し始めて、このゲーム機でもIDを取ってネットにつなぐことができた。ダイアルアップだったけれど。
 整理するので捨て方を検索していたら、どうもこの昔のIDがまだ生きていることが判明した。使わないIDが残っているのもあれなので、解約することにした。

» 続きを読む

駿河屋であんしん買い取り

 部屋の掃除と整理の続きを継続してやっている。
 現状把握は以下。
 部屋の大規模整理
 前回は駿河屋でかんたん買取を利用。その結果、100点で4800円ほどになった。
 駿河屋で古本やCDの処分【農場主の日常】
 今度は、あんしん買取のほうを利用してみる。
» 続きを読む

↑ PAGE TOP