農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

健康診断

 期が変わって、健康診断の時期に。
 前回の結果が悪かったので、少し憂鬱。

 いつもより少し項目が多くて時間がかかったのだけど、血圧はめでたくこの前よりも低めの値に。これは昼飯のそばが効いたのかな?いや、そんな即効性はないはず。

 一通りの場所を回って、チェック場所で紙を渡すと、
「じゃあ最後に胃のレントゲンを取りますので、そちらへ。」
 と。胸のレントゲンなら最初に取ったよなあ。何で一緒にとらないんだろうとか少し考えたら....あ、バリウム飲むからか。いや、飲んだこと無いんだが、大丈夫だろうか。
 不安に駆られてレントゲン車へ。中では、白い液体の入った入れ物が、攪拌機でゆらゆらゆれている。アレを飲むのか。

 わたしの番が来て、
「はいこれ飲んで」
 と、ラムネの粉のようなものを飲まされる。そのあとお猪口1杯の水を飲み干して、紙カップに入ったバリウムを一気飲み。うーん、ヨーグルトソーダのような味?
「はい、ゲップしないようにして、中はいってねー」

 なんて。中では、なんだか回転するベットのようなものがあって、そこに寝るように指示が。
 撮影が始まると、
「はい、右にまわってー,仰向けまで回転,はいそこで止めてー,息止めてー,おなか膨らませてー」
 なんて矢継ぎ早に指示が。体重いわ、苦しいわ、右だか左だか、上だか下だかわからなくなるわ、息いつして良いんだかわからなくなるわ最悪。ゲップも出たくなるような不思議な感覚だし。
 でも、昔から炭酸飲料で鍛えられたわたしの胃は、ゲップも出ることがなく無事に終了いたしました。

 へろへろになって撮影室から出ると、下剤を渡されて
「これのんで、水をいっぱい飲んでね。」
 ということに。そうか、白いものが出るのだな。楽しみにしておこう。


関連記事[バリウム

前後の記事 - [健康]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP