農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ダ・ヴィンチ・コード

 またDVDを借りてきたので。
 一時期話題になったダ・ヴィンチ・コードを。


 映画が公開されたころは、原作を知らずに、ダヴィンチが隠した暗号とか、陰謀とかそういうのを期待していたのだけれど、結局は昔から少し言われていた、「イエスには子供が居た」とか、「マグダラのマリアはイエスの妻だった」という話をテーマに組み立てたお話だったので、少し先が読めてしまったので流れ的には盛り上がらず。
 キリスト教圏ではその話題はかなりなタブーであるのだろうけど、日本で見るには今ひとつ盛り上がらないのだろうね。
 秘密結社とダヴィンチの関係などは面白かったけど、基本的には知識として持っていたことだったので今ひとつと言う感じ。

 こういうのは、映画よりも小説とかで読んだ方が面白いのかもしれないな。


関連記事[ダヴィンチ マグダラ 陰謀

前後の記事 - [映画]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP