農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

プリンタのセットアップ

 在庫があるやつは早くつくのね。
 週明けで2日たったところで、「農場主の日常 プリンタの新調」に書いたプリンタが届きました。
 せっかくなので、会社から帰ってきた眠い頭でセットアップ。

 まず、PM-700Cに付けていたプリンタサーバの設定を初期化。ほこりの積もったプリンタをどかす。これらは、捨てるのではなくて買取に出そうと思ってSofmapで検索したところ、プリンタは買取不可。しょうがないのでハードオフに持っていくか。付属品やマニュアルを探し出す。

 場所を開けたら、今度は新しいiP4500をセットアップ。PM-700Cと比較して横幅は増えているのだけれど、後ろのスペース、上のスペースは小さい。それに、かなりおしゃれな感じ。
 背面給紙もできるけど、たまに使うならそこにほこりがたまるので、トレイに用紙を補給。ドライバをインストール後、USBケーブルをつないでテスト印刷。
 スー、スー、っという音できれいに出力。確かに静かだ。
 電源を切るときは、元のコンセントを切るのではなく、電源ボタンを押してきると、ヘッドが退避されるらしい。目詰まり防止だそうな。考えられているね。

 まあ満足。バリバリ使うというわけではないのだけれど、また10年くらい持ってくれるかな。


関連記事[プリンタ

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP