農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

500GBのHDDを注文

 プリンタを買って、古いプリンタを処分したついでに、パーツやら雑多な物を整理していたら、結構HDDが余っていることがわかる。大体、この時代にパラレルIDE接続の40~160GBの物。
 うちのPCのマザボは、シリアルATA接続可能なやつだし、ちょっとPCの中の整理がてら、HDDを整理してファイルを何とかしてしまおうかなと。
 そんなわけで、S-ATA接続のHDDについて情報収集。わたしの持ってるやつはほとんどがHITACH-IBM製だったのだけれど、最近はWDのやつがよさげな雰囲気。そういえば、一番初めのWindows PCはWDのHDDがついていたんだよな。
 そういうわけで、値段と速さが手ごろで、手持ちのドライブの容量を全部集めても余裕がありそうな500GBのHDDを購入することに。


 ちょうど週末特価で6000円台。それに、この前プリンタを買ったときのポイントがあるので、5000円くらいで購入できそう。
 ちなみに、ソフマップはルピーポイントで購入するとポイントがつかないので、HDDのようなポイント還元率が低い商品を買うときに使うのが吉。

 そしてこの製品、360GBのプラッタが2枚でアクセスが高速とうたわれているのだけれど、某巨大掲示板では、

■メモ
HDTuneでシーケンシャルを測定するとプラッタサイズは判別できる。
320GBプラッタは、シーケンシャルがMax110MB/s以上
250GBプラッタは、Max 95MB/s

WD5000AAKS-A7B0は、320GBプラッタとして販売されているが、実際には250GBプラッタ2枚の4ヘッド構成の模様。
 とのことらしい。それにしたって、Max 95MB/sは今までのHDDよりかなり高速だ。
 さて、来るのは来週かな。楽しみだ。


関連記事[HDD

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP