農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

HotPepperのデータ取得方法の変更

 先日、行ったお店のリスト表示を作ってみたところ、どうにもデータがさびしい。
 これまではバリューコマースから提供されるAPIで、お店の情報を取っていたのだけれど、これだと店のエリアと最寄り駅の情報くらいしか取れない。

 これを、本家リクルートのwebサービスを使うようにすると、もっと細かいデータを取ることができるようになる。
ホットペッパー | リクルートWEBサービス

 ただ、これをやるとすると課題が。新しく取得すると、データが増える分テーブルの構造が変わる。今まで入力した店情報は保持しておきたい。
 そういうわけで、古いデータベースは残して、プラグインが初回のチェックのときに、
 データを古いデータベースからコピー→その後にAPIにてデータを取得
という手順でやることに。

 あとはあれだ。これまでのURLと同じになるように、URLの書き換えと生成ルーチンを作らないと。


関連記事[NP_Hpepper

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP