農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ファミレーターの修理

 昔秋葉で中古で買ったファミコンの互換機、最初は調子が良かったのだけれど、だんだん接触不良でなかなかソフトが起動しなくなってしまった。

 コネクタはたぶん中華製の安いやつらしく、なんだかピンの並びがおかしい。

 金メッキの少し良いやつに交換してやろうかなと。
千石電商オンラインショップ
 これ、横に出ているねじ用の穴が邪魔なので、やすりとナイフで削る必要がある。そして、60個のピンをはんだ付け。大変な感じ。
 高さもあるので、ファミレータに入れた場合はふたが開かなくなるので、ふたも取り外さねばならない。
 でも、交換したら調子は上々。がっちりとはまり込む感じが良い。

 そして、基盤のパターンを見てみたら、LEDと文字のあるパターンが。それならばと赤色LEDをはんだ付けしてスイッチを入れたら....燃えた。抵抗いるんかい。


関連記事[ファミコン

前後の記事 - [ゲーム関連]::タイトル一覧
前後の記事 - [ファミコン]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP