農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

LED化した懐中電灯のノイズ

 先日、DCコンバータを作ってLED化した懐中電灯。どうも、ピーとかシーとかノイズが出る。
単1を4本使う懐中電灯のLED化【農場主の日常】

 このノイズの発生源は、コイルのようなコンデンサのような。少なくともDCコンバータから出ているので、ちょっと修正を。
昇圧回路とLED
 これ、データシートにあった6Vを-12Vにする回路に合わせてコンデンサやら抵抗やらを決めたのだけれど、振動周波数を決定しているのは小さなコンデンサ。
 つけていたのは1.5nFのもので、特性グラフを見ても特に可聴領域に入っていない。
 周波数を上げるにはコンデンサを小さくすれば良いので、500pFの積層セラミックに変更。すると、ピーとかシーとか言う音は無くなった。よかったよかった。
 しかし、出力側のコンデンサには1000μFの電解コンデンサつかってるんだけど、こいつもでかすぎる気はする。まあ、点いてるから良いか。



関連記事[コンデンサ

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP