農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

100円ショップのアルミニウムLEDライトの改造

 材料だけ買っておいて改造が後々になってしまった。
 100円ショップの3LEDライト(ランチャーライト)に、アルミボディのぴかぴかのやつが出たようです。単4電池を3本使うのはそのまま。
 そのままでもかっこいいのですけれど、抵抗を追加しないとすぐにLEDが切れてしまったりするらしい。
 今回は、こいつの中に昇圧回路を仕込んで、単三電池1本で点灯させようという改造。
アルミランチャー
 実は同じ改造は、以前「ランチャーライトの1AA化」でやっているのだけれど、前のやつはLEDを電球色でやった。今回はボディの色に合わせて白色LEDで。

昇圧回路
 昇圧回路は秋月で買ったHT7733Aを使用。白色LEDなので、3.3V出れば十分。
 これに、ショットキーダイオード、積層セラミックコンデンサ100μF、表面実装型の47μHのコイルを使用。かなり平たく行ける。

LED基板と昇圧回路の配線
 LED基板への配線は、なるべく細い線を使用。前回のときは、リード線が太くて電池ボックスが取り出しづらかったのでその点を修正。
点灯試験
 電池ボックスに電池をセットして点灯試験。結果良好。電流値は20mA程度だけれど、もともと付いていたものよりかなり明るい。
電池ボックスの底面の加工
 前回の教訓で、電池ボックスの底面の接触が重要ということがわかっているので、今回はきちんと電極を設置。

 しかし、あとはボディに入れるだけというところで最大の問題が発覚。
 このライト、従来のランチャーライトと違って中が少し短いらしく、電池ボックスが入らない。これじゃあどうしょうも無い。

底のプラの部品を除去
 それではと、スイッチ部分のプラの部品を取り外してみた。しかしこれでは、スカスカでスイッチが入れられない。だめだこりゃ。

抵抗の追加
 このままではもったいないので、もとの電池ボックスに抵抗を追加して組みなおすことに。
完成図
 まあなんとか、LED交換で明るさUP!、抵抗追加で寿命UP!という改造になってしまった。
 作った昇圧回路と電池ボックスは、オリジナルのランチャーにでも入れようかな。


関連記事[ランチャー

コメント


f9xr2dn861 wrote:
スーパーコピーブランド激安通販専門店!

世界一流のスーパーコピーブランド時計、バッグ、財布、アクセサリ最新入荷!
ブランドコピー、ブランド偽物、ルイヴィトンコピー、 ロレックスコピー、シャネルコピー、グッチコピー、エルメスコピー、 ボッテガ?ヴェネタコピー、 バーバリーコピー、ミュウミュウコピー、トリーバーチコピー、バレンシアガコピー、ディオールコピー、ブルガリコピー、ブラダコピー、 ドルチェ&ガッバーナコピー、オメガコピー、フランク ミュラーコピー、gagaコピー。
私達は長年の実体商店の販売経験を持って、先進とプロの技術を持って、
高品質のスーパーコピー時計づくりに 取り組んでいます。
最高品質のロレックス時計コピー、カルティエ時計コピー、IWC時計コピー、
ブライトリング時計コピー、パネライ時計コピー激安販売中
商品の数量は多い、品質はよい。海外直営店直接買い付け
商品の数量は多い、品質はよい.海外直営店直接買い付け!
商品は全てよい材料と優れた品質で作ります。
高質な製品を驚きの低価格で提供して,安心、迅速、確実にお客様の手元にお届け致します。
ぜひご来店くださいませ。
※ 2018年注文割引開催中,全部の商品割引10%
※ 在庫情報随時更新!
※ 100%品質を保証する。
※ 送料は無料です(日本全国)!
※ 経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一!税関の没収する商品は再度無料にして発送します!
URL:}
18/09/04 18:56:27


コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP