農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

15灯LEDランタンライトを電球色に改造

 以前、100円で手に入れた15灯のランタンライトの改造をやったけれど、まだあと1個未改造のやつが残っている。
100円のLED15灯ランタンライトの改造【農場主の日常】

 今度はこいつを、電球色に変更するのだ。ついでに、明るさ3段切り替えもやる。
 使ったLEDはこれ。
3chip4.8帽子型LED 3V電球色 20lm
 1つのLEDの中に発光回路が3つ入っていると考えてもらって良い。明るい。
 一緒に買ったLEDも何種類かあるので、まずは発光テストから。
白色LED
 テストに使ったのは白だけれど、これも直視すると危険な感じの明るさ。

LED基板と抵抗
 元のLED基板をランタンから取り出して、全部のLEDを付け替える。
 スイッチで点くLEDの数を切り替えるので、抵抗の基板にはダイオードをつけてある。もちろん、LED基板のほうは、パターンを1つづつカット。抵抗は、個別のLEDに1つづつ接続する。

配線
 LED基板と抵抗基板の配線はこんな感じ。内側から、円を描くようにはんだ付けする。
本体へ収納
 電池ボックスとスイッチへの配線を終えて、その線を本体上の穴から電池基板にはんだ付け。はんだ付けを終えたら、本体内へ収納。
 明るさの切り替えスイッチはON/OFFスイッチのよこがわに穴を開けて追加した。
電球色
 無事点灯。電球色と言っても、うす黄色い感じで昼光色に近いのかな。

3タイプ
 そして、これまでに作った3タイプと並べてみる。赤+オレンジ,電球色,白色。どれも面白い味わいだ。


関連記事[ランタン

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP