農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

SS 1610の電源コネクタの再半田

 ACアダプタからの給電が不安定なSS 1610。ちょっとネットを調べたりしてみると、同じように悩んでいる人がぽつぽつ居ることに気がつく。
 このコネクタ、しっかりとした構成で基板にがっちりとついているので、基板のほうが負けてひびが入ってしまうことが多いそうだ。

 確かに、おとといチェックしたときも、うっすらと基板にひびがあったような気がする。
 そういうわけで、もう一度分解。
 でも、基板には特にひびなどは無い。ぐらつきも前よりはしっかりしたような気がする。
 と、CPU側の半田面が少し浮いていることを発見。
コネクタの半田面
 もしかしたらこれかなと。
 今度は、半田吸い取り線で古いはんだを吸い取りつつ、新しい半田を乗せる。前回はおっかなびっくりやっていたけれど、今回はきちんと半田が流れるよう、きっちり熱を与えてやる。
 また、コネクタの固定は基板とその半田部分でやっているだけで、力が全部そこにかかるようだったので、コネクタとボディの接触部分にクッション素材を入れた。

 そして再組み立て。電源コネクタを刺すと、そのままLEDが点灯。コネクタのがたつきも無くなった。これならば大丈夫だろう。

 しかし、部品を探そうとヤフオクを見たけれど、安くなったもんだね。手を出してしまいそうだ。


関連記事[修理

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP