農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

DL180V-Cと2段ルータ

 うちの回線は、AU one NetのADSL。昔、KDDIのメタルプラスにして、そのまま使っている。
 これ、ADSLモデムはDL180V-Cという、ルータ機能つきのもの。昔、NTTのADSLのときは、無線ルータを別に持っていてそれを使っていたのだけれど、このDL180V-Cはルータ機能をOFFにすることができないので、無線ルータの方をブリッジモードにして使用していた。
 最近、無線ルータを300Mbs対応のもの(LAN-WH300N/DR)に買い換えたのだけれど、これにした理由は、
  • 2Fから1Fの各部屋に電波が届くこと。
  • 無線が速いこと。
  • USBポート付きで、プリンタが共有できること。
 だったのだけれど、このUSBポートの共有機能はルータ機能を有効にしないと使用できない。
 つまり、今までのようにDL180V-CをルータにしてLAN-WH300N/DRをブリッジモード(APモード)にしていると、共有機能が使えない。
 なんとかLAN-WH300N/DRをルータモードで使えないかと思っていたら、ルータは2段でも使えるという話を聞いたので、ちょっと調べてみた。

 現在はこの状態 「 ADSL -- DL180V-C(ルータ) -- WH300N/DR(AP) -- PC 」
 WH300N/DRはハブとしてしか使っておらず、PCのIPアドレスはDL180V-Cが割り振っている。
 2段ルータにする場合、簡単に言えば、DL180V-CとWH300N/DR間のIPアドレスと、WH300N/DRとPC間のIPアドレスに重複が無ければ2つのルータとして使えるようだ。

 調査してみると、DL180V-Cの割り振るIPアドレスは、デフォルトで192.168.0.1~、WH300N/DRはデフォルトで192.168.2.1~。
 その上、WH300N/DRはCATVのようなWAN側が固定IPの条件にも対応しているようだし、WAN側が自動になっている場合も対応している。
 これって、普通にルータモードで使えちゃうんじゃないか?

 早速設定を 「 ADSL -- DL180V-C(ルータ) -- WH300N/DR(ルータ) -- PC 」
 に変更。すると、PC側で別のネットワークにつながったというポップアップが出たあとに、普通にネットにつながることを確認。使えるじゃん。
 もしかしたら、特殊なポートを空けるようなソフトがある場合には設定が必要なのかもしれないけれど、とりあえずはこれで問題はなさそう。
 もちろんルータモードだから、USB機器の共有にも対応した。WH300N/DRには、DL180V-Cには無いファイヤウォールやセキュリティ機能もある。やっとこれで、WH300N/DRを生かしたネットワークが構築できそうだ。


関連記事[ルータ

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP