農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

Android x86 4.0 起動成功

 Dynabook SS 1610に何とかAndroid 4.0をインストール出来ないかなと、フォーラムを覗いていたら、幾つかisoが上がってるのを見た。
 その中の1つが目を引いた。
Patch for virtualbox support - Android-x86 | Google グループ
 よく読んでみると、
「This image might be working for VMWare and even on generic x86 but I've not tested. 」
 このイメージはVMWare向けに動作している。genericと同等だと思うが、私はテストしてないなんて感じか。

 早速CD-ROMに焼いてインストールしてみた。
 フォーマットできなくて止まるという事もなく、先に進んだ。
 表示が乱れたかなと思ったら、無事インストール完了。なんだか殺風景な画面に。
 右上の点々をクリックしたら、アプリの一覧みたいなのが表示された。
Android 4.0
 ふーむ。動作もなかなか軽い感じ。
 configからwi-fiも認識して、アクセスポイントが見えた。キーを入れたら、接続された感じになる。
 キーボードは英語になっているようだが、認識されている。タッチパットやマウスも使える。
 言語は最初、Japanというのが見つからなかったのだけれど、そのままずっと下までスクロールしたら、日本語というのがあって、それを選択したら設定画面が日本語に。
 イーサネットは認識せず。Bluetoothもダメだけれど、ひと通り設定は可能な状態。ふむ。

 アプリの動作を見ようと、ブラウザを立ち上げると、アクセスしたかと思ったら落ちてしまう。ストアにはアプリがあるかなと思ったら、なにも表示されない状態。ゲーム関係は、入力を受け付けない。ほんとにただ、「Android 4.0が動いたよ」という状態。これじゃあどうしょうもないな。動作は結構軽いんだが。



関連記事[Android

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧
前後の記事 - [Linux]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP