農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

モスバーガーとWIFIと

 さて、DIGNOをWifiオンリーで運用した1週間。慣れてしまえば特に不便は感じない。
 モスバーガーで昼食を取りながら、ちょっと考えてみる。ちなみに、モスバーガーはソフトバンクWIFIとフレッツか。ソフトバンクwifi を解放して欲しい。
 101SBの白ロムてに入れて007ZのSIM 差したら、ソフトバンクwifi に2年間繋ぎ放題にならんかね。

 この1週間のwifi 生活を振り返りつつwifi の設定見直し。3G をつなぐときとwifi 中心では必要なアプリが違って来るな。
 まずはこれ。
WiFi Manager - Google Play の Android アプリ
 現在のWifi接続先がウィジェットで見える。WiFi ON OFFボタンもその横に付いている。
 接続先の選択も、アプリ画面をタップするだけ。非常に高機能でよろしい。

 もう1つはこれ。
Wifi Analyzer - Google Play の Android アプリ
 これはあまり使うことは無いのだけれど、近くにアクセスポイントがどれだけあって、チャンネルの込み具合とか電波の強さを見るのに重宝する。

 アナライザーで見ていて思うのだが、DIGNOのスリープ復帰直後、WIFIONにして数秒間は、なかなかアクセスポイントを拾ってくれない。これは、チャンネルなんかも関係ない。
 番号が若いのは見えたり、弱いのが見えたりと、優先順位もよくわからない。Wifiの検出に時間がかかるのはしょうがないかもね。

 公衆無線LANとかにつなぐときもこんなんなんかな。使ってないからあれだけれど、AU wifiスポットで自動接続するよりは、ソフトバンクの940SHで手動接続するほうがわかり易かった気はする。
 そのへんは自動のほうが普通は使いやすいんだろうけど。


関連記事[接続

前後の記事 - [モバイル]::タイトル一覧
前後の記事 - [DIGNO ISW11K]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP